大阪市 
自動車内装業  
PIVO  ピヴォ

張替え、修理、改造
 Tel/Fax    06-6659-0065
 pivo3421@zeus.eonet.ne.jp
 
   スズキ キャリー・バン
 
 
 運シート 座面ウレタン修理
 
一体成型シートのウレタン修理のご依頼です。
座サイドのウレタンがかなり欠損していて
シッカリしている所まで20cmほど切り落として、硬めのチップウレタンブロックを接着、成形をしました。
 
表皮一体成型の為、生地の接着を半分程度まで剥がしての作業になりました。
 
  ポルシェ ケイマン
 
 
 天井貼り替え 
 
お問い合わせが多くなってきた、ポルシェ・ケイマンの天井貼り替えのご依頼です。
 
アウディTTのように前後左右に曲率が大きいので、全体が落ちてくるようです。
こうなると常に天井生地が頭に触れてしまって運転中も気になって危険です。
 
純正に近い黒系色メッシュ柄生地で貼り替えしました。
 
   M・ベンツ W126 560SEL 
 
 
 サイドサポート切り継ぎ修理
 
新車から乗り続けられているW126の運シートサイドサポートの擦れ穴が目立つので、修理のご依頼をいただきました。
 
持ち込みしていただいたドア内張りの生地を使用して、継ぎ目が純正レースカバーに隠れる辺りになる様に考慮して切り継ぎ修理をしました。
 
オーナー様には大変満足していただきました。
 
   ボルボ C70
 
 
 幌張替え
 
ガラス剥がれの幌を新しいエンジ色の幌への交換作業のご依頼です。
 
コンバーチブル研究所 様へ発注、別注色で1カ月ほど納品まで待ちましたが、シルバーボディと似合う幌色になっています。
 
注意点と教わった、外れていることが多いワイヤーガイドも締め直して張替えしました。
 
   VW パサート
 
 
 リアドア・トリム 生地貼り替え
 
Fドアは何ともないのですが、Rドアのトリム生地が全面にわたって浮いてきている為、貼り替え修理のご依頼です。
 
生地とウレタンが分離しているだけでしたが、新しいウレタンに貼り替え、同じ様なチリメン柄の生地で貼り替えしました。
 
アームレスト部に1か所縫製を入れて、貼り込みました。
再組み付けには、溶着ピンを使用して固定しました。
 
   BMW E90 3シリーズ
 
 
 天井、サンシェード 貼り替え
 
サンシェードの生地の貼り替えのご依頼でしたが、シェードを抜き出すのには天井を脱着しなければならないのと、天井の生地も所々浮いてきているので、一緒に貼り替えをすることになりました。
 
生地の色は薄くなりましたが、ベージュ色のメッシュ柄生地で貼り替えしました。
 
シェードは丸印にあるロックピンを外して、ガイドを押し込んでレールから取り外すのですが、サンルーフユニットを落しての作業になりますので大変です。
 
 
  VW ゴルフ・ヴァリアント
 
 
 Fドア・トリム 貼り替え 
 
運転席のドアトリムが剥がれて、劣化したウレタンが落ちてきて困っているので修理のご依頼をいただきました。
 
新しいウレタンに貼り替え、同じ様な柄の平織り生地で貼り替えしました。
 
溶着ピンを使用して再固定しています。
 
  スバル レガシー(警察車両)
 
 
 運シート 背サイド ウレタン補修&
               張替え修理 
 
パトカー車両のレガシーの運シート背もたれの修理依頼です。
 
サイドサポートフレームが見えるくらいウレタンに穴が開いていました。
穴あき箇所を大きめにカットして新しいウレタンを挿入、成形し、破れた表皮部分を張替え修理して納品しました。
 
また、背もたれのクッションバネ取り付けの金具も折れていましたので、ステンワイヤーで固定し直しました。
 
  ブリッド リクライニング・シート
 
 
 背ウレタン 補修、補強 
 
だいぶ古い型のブリッド・シートの背サイドサポートのウレタンの補修依頼をいただきました。
 
全体がチップウレタンの成形物ですが、大事に使われていたようで、座サイドサポートや表皮の状態は良い状態でした。
穴のあいた箇所を埋めて、裏面を補強、ポロポロとウレタンが落ちてこない為と表皮の張りを出す為に薄いウレタンを貼りました。
 
   M・ベンツ E230 W211
 
 
 R背前倒しレバーユニット 交換
 
R背もたれを倒す時にレバーが折れてしまったので、交換作業のご依頼をいただきました。
このユニットが新品で¥50000-程するらしいです。
 
  BMW 735  E34
 
 
 Cピラー、Rトレイ 貼り替え 
 
天井などは良い状態なのですが、Cピラー&Rトレイの生地が浮いてきているので、貼り替え修理のご依頼です。
 
Cピラーはグレー、Rトレイは黒の3mm厚の天井生地を使用して貼り替えました。
Rトレイは下吹き前にアセトンで脱脂、荒サンディングを掛けてからボンド吹きをしました。
 
 
 
   ジープ チェロキー
 
 
 天井、コンソール 貼り替え
 
天井が剥がれてきたのを機に、黒色生地への貼り替えのご依頼をいただきました。
 
天井は脱着中にも押さえが無くなった箇所から段々と落ちてくるような酷い状態でした。
 
  フォード エクスプローラー
 
 
 天井張替え 
 
全体には落ちていないのですが、前端箇所が紫外線によると思われる変質で生地表面がめくれていました。
このような状態ですので、表面生地のみが剥がれ、劣化していないウレタンはしっかりと付いていて、R部にエアコンダクトが付いていたりで、取り除くのに時間が掛かりました。
 
 
 
   M・ベンツ W211
 
 
 天井貼り替え
 
W211のEクラスも天井生地が落ちている車両が増えてきていると聞いています。
この天井の形状はCピラー廻りに無理がある様です。
 
W210の生地とは違ってきて、織物のような生地が使われていました。
同様の天井生地が無いので、色の近いものをご用意させていただいて貼り替えしました。
 
 
 
 
   アルファロメオ 156GTA
 
 
 天井貼り替え
 
アルファロメオの天井貼り替えは初めての作業になります。
 
白糸と黒糸で織り込まれた生地がきれいにウレタンと分離している状態で、通常劣化で粉状になっているウレタンはしっかりと貼りついていて、除去するのに結構時間が掛かりました。
 
黒っぽい色がご希望だということで、チャコールグレーのメッシュ柄生地で貼り替えしました。
 
 
   BMW 635 csi  E24
 
  
 リアトレイボックス 蓋 作成
 
成形ウレタンが剥がれてしまっているので、方法は問わないので普通に使用できるようにならないかとのご依頼をいただきました。
 
変形が酷かったので、再接着を諦めて新規に発泡ゴムでベースを作り、レザーを張り込んで作成しました。
スピーカー穴も必要だとのことで穴あけ加工をしています。
 
   ジャガー XK8 
 
 
  天井、Aピラー 貼り替え 
 
本来は天井の貼り替えのご依頼でしたが、脱着作業時にウレタンの凹みができましたので、ピラーも貼り替えすることになりました。
見た目は綺麗でも、天井と同じ様に中のウレタンは劣化しています。
生地の色も薄いベージュ色なので、汚れが付かない様に手を何度も洗いながらの作業となりました。
 
   VW ゴルフⅠ カブリオレ
 
 
 運シート座面 クッション補強
           サイドサポート補修
 
お尻の沈み込みが大きくなってきたので、もう少し硬めにしてほしいとのご依頼です。
座面部分を2cmほど削いで、チップウレタンを埋め込み&表面に硬めの生地を貼り付けて沈みにくくなるように加工しました。
サイドサポートのウレタンにも穴あきが有りましたので、新しくウレタンを接着、成形しました。
 
ダイヤル内のブッシュも無くなっていたので、当方オリジナルのレカロ用強化ブッシュに入れ替えしました。
 
   M・ベンツ W124TE
 
 
 B,Cピラー張替え修理
 
濃茶色の内装のピラーの張替修理のご依頼です。
 
あまり出回っていない内装色の為、中古部品も見つからないということで修理のご依頼をいただきました。
Cピラーにはライトと下部周辺に割れがあったので、溶着修理を行いました。
 
   アルファロメオ ジュリエッタ・スパイダー
             ジュリア・スパイダー
 
 
  シートウレタン入れ替え加工
 
天然ゴム製のクッション材が劣化で硬化、底抜け、クッションベルトも伸びきってしまっているので、海外品のウレタン製クッションを入れ替えてほしいとのご依頼です。
 
ウレタンは大雑把に作られているので、ベース、表皮に合わせて切削、成形をして表皮を再張り込みしました。
クッションベルトも強化型のベルトを作成、溶接割れや、後部の表皮固定材も樹脂材で作成しました。
 
同じシートですが、ジュリアの方は座面のみのウレタン入れ替え、再張り込み作業となりました。
 
 
 
   リンカーン タウンカー
 
 
 座面張替修理
 
本革シートの座面サイドとセンター部に破れがあり、ウレタンもへたっているので、修理のご依頼をいただきました。
 
表皮はレザーを使って張替え修理し、ウレタンも補修、補強をして納品しました。
 
  フィアット リトモ 130TC 
 
 
 天井貼り替え
 
とても懐かしいツインキャブの130TCの天井貼り替えのご依頼をいただきました。
 
ノーマルはビニール素材でしたが、黒メッシュ柄の天井生地で貼り替えました。
 
ボードが分厚くて結構重さのある天井でした。
この為かもしれませんが、グリップ取り付け穴周辺が割れていたので、裏面にFRPで修理しました。
 
   M・ベンツ W123 ワゴン
 
 
 リア座面 クッション強化
 
リアシートの沈み込みが大きくて乗り心地が悪いので対策をしてほしいとのご依頼です。
 
スプリングの中央部分が落ち込んでいて、ヤシ繊維の座面パッドとの間に隙間ができていたので、チップウレタンを貼り、クッションの補助にスプリングの中にパイプ状のスチロールを入れました。
 
オーナー様にもしっかりとした感じになったことを確認していただき、納品となりました。
 
  アルファロメオ 1300ジュリア 
 
 
 リアトレイ 張り替え
 
段付ジュリアのリアトレイのエンジ色から黒色への張り替えのご依頼です。
 
ボードも反っていて立ち上がり部も剥がれてきていたので、リベットを増し打ちし、立ち上がり部も再接着して納品しました。
 
   シトロエン C6
 
 
 天井&Bピラー 貼り替え
 
現状では少しの剥がれですが、天井に触ると指型がついて近いうちに剥がれてくるだろうということで貼り替えのご依頼をいただきました。
Bピラーも部品の供給に時間が掛かるということで同じ生地で貼り替えすることになりました。
 
ノーマルよりは少し濃いめのベージュ色になりますがオーナー様にも納得していただいて貼り替えしました。
 
天井の横幅がFドアの開口部寸法よりも大きかったのですが、曲げた状態で何とか出し入れすることができました。
 
   BMW Z4
 
 
 幌 張り替え
 
ボディの全塗装をするに伴って、幌も新調したいとのことでご依頼をいただきました。
 
コンバーチブル研究所様で購入された幌を使用して張り替えしました。
  
  M・ベンツ W124
 
 
 Bピラー 張替え修理
 
W126でも多く見掛けます、Bピラーのレザーの剥がれです。
上下端部を残して全体が浮いている状態です。
 
ベルトのスライドがスムーズに動くように、薄手のレザーを使って張り替えしました。
 
 
   トヨタ ハイエース S カスタム Ltd
 
 
 2ndシート 座ウレタン修理
 
100系の回転シートの2ndシート座面のウレタンの修理依頼です。
 
長年お客様を乗せて走っていて、どうしてもお客様が前めに座ることが多く、フレームのスプリング位置もあって底部補強材の外れた箇所から切れていました。
ウレタンの接着補修、補強を施して本来のしっかりした乗り心地になったと喜んでいただきました。
 
このシートは生地、ウレタンも上質で付加物もありフレームもごつくてが重く、分解&組上げ、ロック解除ワイヤーなどの取り廻しに苦労しました。
 
   ニッサン ティーダ
 
 
 アームレスト 張替え修理
 
アームレストに肘掛けをした状態で乗っていることが多いそうで、その場所の表皮が硬化して割れてしまったので、修理のご依頼をいただきました。
 
緑がかったグレーのレザーで張替え、納品しました。
 
  VW ポロ
 
 
 ドアトリム 貼り替え 
 
9N系ポロのドアトリムの貼り替えのご依頼をいただきました。
 
トリム部の分解に手間取りましたが、ベージュのメッシュ柄生地にて貼り替えしました。
 
 
 
   BMW E46 セダン
   ルノー メガーヌⅡ スポール 
   ポルシェ カイエン
 
 
 天井貼り替えご依頼
 
E46 と メガーヌ は初めての作業になります。
純正と同様の色目の生地で貼り替えました。
 
カイエンは同様のメッシュ柄の生地ですが、色目が薄くなります。
 
  アウディ A3 & VW ゴルフ 4
 
 
 天井&ピラー 貼り替えご依頼
 
アウディは天井貼り替えにともない、全てのピラーも黒色へと色替え。
 
ゴルフ4はCピラー廻りが剥がれてくる症状が結構あるそうです。
 
 
 
   BMW E30
 
 
 運&リアシート 座面張替え修理
 
非常に状態のいいE30なのですが、運シート左サイドサポートに擦れ穴、リアシート座面にタバコ焼き穴があり、修理のご依頼をいただきました。
 
リアシート座面のセンター、サイド部の生地を利用して修理することと了解を得て運シートサイドサポートは座面に隠れるように継いで張替え修理。
リアシートもタバコ穴箇所から継いでノーマル同様のステッチを入れて張替えて、取り外した個所は黒レザーで張替えました。
 
  VW ゴルフ4
 
 
 運シート 背、座サイド張替修理 
 
運シートの背、座サイドサポート部の張替え修理&ウレタンにも穴あきや劣化が有るので、補修、補強のご依頼をいただきました。
 
座面の方は酷くて、3cm程新しいウレタンに入れ替えて成形修理をしました。
 
レカロのナルド生地と同じ生地が使われていましたので、同様の生地を使用して、ガンメタ色のダブルステッチで仕上げました。
 
   MG-TD
 
 
 ドア内張りポケット作成 
 
以前に張り替え作業をした車両のドア内張りのポケット作成のご依頼です。
 
白色にペイントされていたのですが、材料の本革が古くなっている為、クラックが入っていました。
レザーに替えて作成、組み込み作業をして納品しました。
 
 
 
   VW ゴルフ4 R32
 
 
  純正ケーニッヒ・シート 張替修理
 
本革製の運シートのサイドサポート部をリペア修理されたのですが、直射日光が当たる側ということもあり、再び割れが出てきたので修理のご依頼をいただきました。
 
反対側のサポート部の革も良い状態ではなかったので同じく本革を使用して張替え修理を行いました。
 
シュクラ製ランバーサポートのフレームも折れていましたが、オーナー様に再生していただき、本来の動きを取り戻しました。
 
   M/ベンツ W203 Cクラス
 
 
 運シート 座サイド張替修理
 
悪戯でカッターで切られた座サイドを張替え修理のご依頼です。
 
座面形状のクッション芯材に表皮が縫い込んで造られていました。
 
  M/ベンツ G500 ゲレンデヴァーゲン
 
 
 天井・サンシェード・Aピラー 貼り替え
 
お問い合わせの多くなってきたゲレンデの天井貼り替えのご依頼です。
 
今回はサンシェードの劣化が天井よりも酷かったです。
天井&Aピラーはメッシュ生地、シェードはノーマル生地で貼り替えました。
 
割れて外れていたサンルーフ開口部前2か所のツメを2液ボンドで固定しています。
 
 
    フィアット パンダ
 
 
 旧型 座クッション補修、補強
     背表皮 破れ修理
 
運シート座面の補修、補強&背もたれの腰辺りの破れの修理のご依頼をいただきました。
 
座はテンションベルトを強化型のベルトに付け替えて、座面裏面の補修、補強。
背は破れている箇所を縫い込み修理をしました。
 
 
 新型 座サイド 張替修理
 
オレンジ、緑色の座面2脚とも同様に擦り切れがあり、同色のファブリック生地で張替修理をしました。
 
   ダイハツ ムーヴ
 
 
 運シート ウレタン&背、座サイド張替修理
 
背、座とも外側の生地が擦り切れているので、修理のご依頼をいただきました。
 
座面には間に合わせでウレタンを詰め込まれていました。
ウレタンがシッカリしている所まで切り落として、新しいウレタンブロックを接着、成形をしてから裏表に補強をしました。
ノーマルと同じ平織りの生地を使用して張替えました。
 
このシート表皮は背、座が繋がっていて、背 or 座面のどちらか片方のみの修理時でも全体を剥がさないとダメな造りでした。
 
  ニッサン ムラーノ 、 トヨタ アルファード
 
 
 運シート 座サイド部張替修理 
 
両車種とも乗り降りの際に、座面サイド部を潰すような形になることが多いのでこの箇所の表皮が破れたり、ウレタンが切れてしまいます。
 
ムラーノはウレタンの補修、補強をしています。
何故か、シートヒーターが丸まっていました。
もちろん、キチンと広げて貼り直しました。
 
 
アルファードのウレタンは大丈夫だったので、補強だけして、張替修理を行いました。
 
両シートとも本革仕様だったのですが、予算などの関係で同色のレザーを使って張り替えています。
 
  MG-B
 
 
 座面クッション強化&張替え修理
 
座面の破れの修理依頼です。
他の部分の状態は悪くないので、雰囲気を残すためにマチ部のみを張替え、あとは補修で済ませました。
 
座面の落ち込みも酷く、クッションベルトも切れていたので新しく交換、ウレタン裏面も補強しました。
 
   ポルシェ 930
 
 
 サンバイザー作成
 
最近、よくご依頼のある旧ポルシェのサンバイザーの修理(作成)です。
 
今回のバイザーはミラー付きで、前回のものとフレームの微妙が寸法は違っていた為、新規で作成しました。
ノーマルと同様に裏表で白/黒レザーにして張替えしました。
 
   メルセデス・ベンツ 10t車
 
 
 座面張替え修理
 
サイドのウレタンも無くなって、表皮の汚れや破れも酷くなっているので、修理のご依頼をいただきました。
 
ウレタンの欠損部分を作り直し、紺色系の生地で張替えご希望でしたので、ファブリックとレザーのコンビで張替えました。
 
このシートはヒーター付きでサイド部分は本革という贅沢な仕様でした。
 
   フィアット ムルティプラ
 
 
 背もたれ音鳴り修理
 
背もたれに荷重が掛かると、ギシギシと音鳴りがあるので修理して欲しいとのご依頼です。
 
分解してクッション骨を押してみると、フレームに差し込んでいるところや骨の接合部から音が鳴っていたので、フェルトを挟み込んで消音処理をしました。
 
同時に、ランバーサポートのプレートも割れが有りましたので溶着修理をしました。
 
  BMW 320 Mスポーツ
 
 
 シート破れ 張替え修理 
 
街中で見ることも少なくなった E30型 のシート破れの修理依頼をいただきました。
 
内外装ともに非常にきれいな状態の車両でしたので、シートの擦り切れが目立ちます。
このシート生地は編みが荒くて、糸抜けなどで多く修理をしたシートです。
センター、サイド部などで各パーツに分かれていますので分解は楽です。
 
色目は変わりますが、同じような網目の生地を使用して張替え修理しました。
 
   レンジローバー 3rd モデル &
      ランドローバー・ディスカバリー   
 
 
 天井貼り替え
 
レンジローバー2車種の天井貼り替えです。
この車両の天井ベース材は折れやすいので持ち運びや作業中も気を使います。
 
ディスカバリーは幅広の生地が必要になりますので、生地色が限られます。
 
レンジローバーは3rdモデからは通常の生地幅のものが使用できるようになりました。
 
 
  VW パサート
 
 
 ドアトリム貼り替え 
 
トリムの前部に10cm大くらいの浮きがあるので、修理のご依頼をいただきました。
 
まだ中のウレタンは劣化していませんが、浮いていた箇所は若干の変質が有りましたので、新しいウレタンに貼り替え、同じ様なチリメン柄の生地で貼り替えしました。
 
トリムを取り外すまでには、エアダクトなどの部品の溶着部分を切り落としました。
再組み付けには、タッピングビス&溶着ピンを使用して固定しています。
 
   VW ジェッタ
 
 
 天井貼り替え
 
久しぶりの作業になる ジェッタ5 の天井貼り替えのご依頼です。
ルームランプ部廻りとグリップ部廻りのみが残っていて、他の部分は見事に剥がれていました。
 
グレー色のメッシュ柄生地で貼り替えしました。
 
当方では、助シート、センターピラー&サイドステップのカバーを取り外し、天井を曲げながら、Rドアから引き抜きます。
毎度、毎度、この天井の脱着、取り付けには苦労させられます。
 
  VW ゴルフ・プラス
 
 
 天井貼り替え 
 
ゴルフ5のミニバン・タイプの ゴルフ・プラス の天井貼り替えのご依頼です。
 
オーバーヘッド・コンソールがあるのと、車内寸法が大きめなので、隠れた人気がある車種だそうです。
しかし、同じ感じで天井が剥がれてきています。
 
ゴルフ5と同じく、グレー色のメッシュ柄生地で貼り替えました。
 
   M・ベンツ W210前期型
 
 
 天井貼り替え
 
W210型のEクラスは何台も貼り替えしましたが、天井のAピラーからCピラーまでのサイド廻りが黒のベルトラインでW202型Cクラスのようなデザインになっています。
 
そのピラーに合わせて、黒色の生地で貼り替えしました。
サンルーフ廻りのフレーム剥がれも再接着しています。
 
   レカロ オルソぺド
 
 
 ベンチレーション・マット交換
 
旧型のオルソぺドの座り心地が硬くて、お尻が痛くなってくるので、何か対処方法が無いかと検討しました。
 
荷重を掛けてもベンチレーション・マットのつぶれがほとんど無いので、旭化成のフュージョン というクッション材に入れ替えしました。
メッシュのサイズが大きいので、当たりが柔らかくなり、適度な沈み込みができました。
ベンチレーションの風量も少し多くなったような感じがします。
 
分解ついでに、座面サイド部の補修、補強も行いました。
 
 
  フィアット・トッポリーノ
 
 
 キャンバストップ・テンションベルト張替え
 
’30年代生産のトッポリーノのテンションベルトが腐りで破れてみすぼらしいので、新しく張替え、取付のご依頼をいただきました。
 
グレーの生地に変更して張替えをしてクギ、タッピングビスを用いてキャンバストップ共に取付しました。
 
この車両は旧チンクよりも前のモデルで、600ccの4気筒エンジンが搭載されています。写真以外で本物は始めて見ました。 
 
   VW ビートル & ジープ・チェロキー
 
 
 天井貼り替え
 
どちらも初代からのマイナーチェンジモデルです。 
 
ビートルは生地がグレーからメッシュ柄ベージュに、サイド・ルームランプの金枠が無くなりました。
 
チェロキーはRスピーカーが天井一体になり、ベース材がミルフィーユもどきの紙積層ものからファイバー樹脂もののシッカリしたものになっています。
また、Aピラーの取り付けビスも無くなりました。
 
  三菱 パジェロ 純正レカロST
 
 
 座面張替え修理 
 
座面サイド部の生地破れとウレタンにも大きな穴があいている状態でパッチを当てて乗っていたんですが、ガマンができなくなってきて修理のご依頼です。
 
画像は撮り忘れましたが、ウレタンの修理は3×10cm程のブロックを詰めるくらい大きな穴でした。
当方在庫の ナルド生地 に良く似た生地を使用しての張替修理をしました。
少し黒味と光沢が強くなりますが、あまり気にならないと満足していただけました。
 
 
   プジョー 206
 
 
 天井貼り替え
 
この天井ライニングはボディ天井パネルに接着されているものでした。
 
ベース材自体の厚みが非常に薄くて、所々に割れが入ってしまいます。
割れ目に瞬間接着材を流し込んで修理をしてから、生地の貼り替えを行いました。
 
 
  ’53 ランチア・アッピア
 
 
 天井、内装張替え 
 
ドアがセンターピラー無しの観音開き式の非常に珍しい車両です。
 
ウールで作られた吊り天井、ドアモール、Cピラーが雨漏りなどによる劣化(風化?)で破れや擦り切れがあるため張替えのご依頼をいただきました。
 
スエード調の生地を使用しての張替えになりました。
吊り天井の端部はビス止めされた金具に押し込んで固定する初めての方式のものでした。
ドアモールも芯材を生地で巻き込む形でFステップからRステップまでの一本物。
厚紙製のCピラーのベース材も使い物にならなかったので、プラ板から切り出し作成しました。
 
同じくリアボードもレザーにて張替えしました。
 
 
   フィアット 旧パンダ
 
 
 座クッション補修、ベルト交換
 
運シート座面の落ち込みが酷いので修理のご依頼をいただきました。
 
裏のテンションベルトが見事に切れて、ウレタンにもくい込んでいました。
両シートともにノーマルより強化型のベルトに付け替えて、座面裏面の補修、補強を行って納品しました。
 
   スズキ スイフト
 
 
 運シート 座サイドウレタン修理&張替え
 
運シート・サイドサポートのウレタンと表皮張替え修理のご依頼です。
 
サポートのウレタンは高さや形状によって、かなり潰れていました。
無くなっている箇所だけではなく、内部も削れて無くなっているので、見た目よりも大きな寸法の修理になっています。
表皮は良く似たファブリックがあったので、サポート上&横面を張替え修理しました。
 
   SPARCO トリノ
 
 
 レザー部張替え&ウレタン修理
 
背もたれのサイドサポート部が破れているので、張替修理のご依頼をいただきました。
座面のサイドサポートも限界状態だったので、ついでに修理することになりました。
 
ウレタンも割れがあり、穴も開いて変形していましたので、補修、補強をしました。
レザー部はパンチング柄のレザーで張替えました。
 
 
背もたれのマジック書きは別のモデルの型取りに使われたのでしょうか?
 
   M・ベンツ ゲレンデ・ヴァーゲン
 
 
 天井、サンシェード 貼り替え
 サンバイザー エクセーヌ張替え
 
内装色を黒にしたいとのことで貼り替えのご依頼をいただきました。
当初はスエード地の生地をご希望でしたが、天井幅に生地幅が足りなく、メッシュ柄の天井生地になりました。
よく取れてしまう、引掛け金具もグラスファイバーで補強固定しました。
 
サンシェードも同じ生地で、サンバイザーはスエード生地で張替えしました。
 
   モーガン(モデル名不明)
 
 
 ドア・パッド 張替え修理
 
常に肘を掛けてしまう為か、ボロボロになってしまったドア・パッドの張替修理です。
 
パッドのウレタンの補修をしてから、本革を使用して張替えを行いました。
 
この時期の車両は内張りもパッドも釘で打ち付けられているので、釘を一本一本抜いていくことが大変でした。
 
 
 
   MG-F
 
 
 リアスクリーン 交換
 
硬化して割れてしまったリアスクリーンの交換修理のご依頼をいただきました。
 
スクリーンはファスナーで開くようになっていますが、幌端部はリベットで固定されているために幌全体を取り外しての作業になりました。
 
ノーマルに比べてクリアのスクリーンになりましたが、船舶用のスクリーンですので、耐久性も高くなっています。
 
   アウディ TT
 
 
 リアゲート・パネル 貼り替え
 
TTは天井生地だけではなく、リアゲート・パネルの生地貼りも剥がれ落ちてくるようです。
 
ボディ色に合わせて、ブルーのファブリック生地で貼り替えしました。
 
 
 
   VW パサート ワゴン
 
 
 天井貼り替え
 
ルームランプ廻りの落ちてきた部分に補修がされている天井の貼り替え修理のご依頼です。
エポキシ系のようなボンドで貼られていましたので、綺麗に剥がせませんでした。
劣化したウレタンも固まってしまって、こそぎ落とすのにも倍以上の時間がかかってしまいます。
サンディングで表面をならしてから生地を貼り替えました。
新しい生地はウレタンが厚いので凸凹も分かりにくくなりましたので、確認をしてもらって納品となりました。
 
   スマート ロードスター
 
 
 ルーフパネル 貼り替え
 
以前にも作業したことのある スマート・ロードスター のルーフパネルの貼り替え依頼をいただきました。
 
ロックレバー、ウェザーストリップなど周辺部品を取り外してからの貼り替えです。
生地の端部分はシーラーで処理しました。
 
   スバル レガシー
 
 
 運シート張替修理
 
背もたれサイドサポート部の張替修理のご依頼です。
 
ウレタンの潰れを補修してから本革にて張替え、ステッチ部分は少し縫い込みをしています。
 
 
   シトロエン サクソ
 
 
 ドアトリム貼り替え&Rシート張替え
 
Rシート、ドアトリム共に生地が剥がれてきたので、レザーでの貼り替えのご依頼をいただきました。
 
ドアトリムは劣化したウレタンを剥がし、ボンドを下吹きしても密着が悪かったので、サンディングを施してから下吹き、接着をしました。
 
シートは折りたたみ式なので、裏面のノーマルのカーペット部分は再使用して張替えしています。
 
 
  プジョー 306 カブリオレ
 
 
 Fドア&Rサイドパネル トリム貼り替え 
 
F,Rのトリム生地の貼り替えのご依頼です。
Fドアはトリム部を分離することができるのですが、Rサイドパネルは廻りのレザーと溶着されていたので、溝の継ぎ目を切り外してからの貼り替えになりました。
 
   トラック 運シート座面
 
 
 ウレタン&張替え 修理
 
運送業者様からのご依頼でトラックのシート(車種は分かりませんでした)の座面サイド部の修理です。
破れてからも長い間乗っていたようで、ウレタンはフレームが見えるくらいまで無くなっていました。
 
サイド部のウレタンはフレームより上部は新たに作り治し、表皮の部分張替をして納品しました。
 
   ロータス エリーゼ
 
 
 天井貼り替え
 
エリーゼの天井生地が全体に渡って剥がれて気になるので貼り替えご依頼をいただきました。
 
この天井は生地が直貼りタイプでしたが、一部以外はカバー、ウェザーストリップで隠れてしまいますので案外、手間が掛らずに貼り替えすることができました。
 
   BMW 120 カブリオレ
 
 
 幌交換
 
Rガラスが溶着タイプのビートルやアウディA4などと同じ症状で接着部分が剥がれてしまったので、張替えのご依頼をいただきました。
 
手配していただいた純正部品での交換になりました。
 
  ルノー セニック
 
 
 天井、サンシェード、ピラー 貼り替え
 
サンシェード、Cピラーの剥がれが酷く、生地の色を合わせるのと、天井などの他の部品も浮いてきていて、近々落ちてきそうなので、同時の貼り替えをご依頼いただきました。
 
画像にありますように、指で触ったところが凹んだまま戻ってこなくなると、もうダメです。
 
 
 
 
   ホンダ S2000
 
 
 運シート 背もたれサイド部 張替修理
 
背もたれ外側サイドサポート部が長年の擦れでボロボロの状態です。
本革を使っての張り替え修理をご依頼いただきました。
 
当方で入手できる本革の色で近い色のものがありましたので確認をしていただいてから作業をいたしました。
ウレタンも補修、補強をしています。
 
   ニッサン スカイライン R32 GT-R
 
 
 運シート座面 ウレタン修理
 
新車からずっと乗っておられる車両で、シート座面サイドのウレタンが潰れ、フレームが当たって痛いので修理のご依頼をいただきました。
 
結構酷い状態でしたが、新しいウレタンの補充、切削成形&裏面補強をして納品しました。
 
このシートは一体成型物ですので表皮を剥がすのに苦労しましたが、何とか綺麗に剥がして修理に掛かることができました。
 
 
  VW ゴルフ 5 GTi
 
 
 天井貼り替え 
 
ゴルフ5も生地の接着は弱く、簡単に剥がれます。
黒のメッシュ柄生地で貼り替えしました。
 
これまで何度も取り付け時に遊んでしまうナットの為に取り付けビスが入りずらくてイライラ&苦労することは、天井を取り外した状態でグリップ、サンバイザーなどのパーツを固定し、配線も結線した形で取り付けるようにすると楽になりました。
 
   VW トゥアレグ
 
 
 天井貼り替え
 
上の golf 5 と同じ様に生地の接着が弱いように思えます。
リアのヘッドスペース付近が大きく剥がれてきています。
生地を剥がした後のウレタンカスのベタツキが無く、ウレタンの掃除は楽でありがたいのですが。
 
ベージュ色の生地で貼り替えをしました。
 
   コブラ ローバック・シート
 
 
 ウレタン修理&ヒーター組み込み
 
旧チンクチェントに長年使用してきたコブラシートがウレタンの劣化でフレームが体に直接当たって痛いので補修のご依頼をいただきました。
 
サイドサポート、背&座クッション全体に新しくウレタンを貼り直してシートに張りが戻りました。
 
同時にヒーターの組み込み作業もしています。
車両のヒーターの効きが悪いので、重宝しているとの感想をいただきました。
 
   スバル エクシーガ
 
 
 運シート 座サイド張替修理
 
座面のサイドサポート部分は乗り降りの際に潰すようになってしまいますので、このようなレザー表面の割れの修理ご依頼を多々いただきます。
このような時は中のウレタンも潰れや割れがありますので、ウレタンの補修も行うことになります。
 
今回はレザーが色、シボ目とも良く似たものがご用意できましたので、全く違和感の無い仕上がりになりました。
 
   メルセデス・ベンツ R129 SL
 
 
 ハードトップ 天井貼り替え
 
R129 SL の純正ハードトップの天井の生地も落ちてくるものが多いようです。
 
 ノーマルはビニール地でしたが、通常の天井生地を使用して貼り替えをしました。
 
 
   アウディ S4
 
 
 運シート センター部張替え修理
 
S4純正シートのレカロ・モデルのシートのアルカンタラ生地のセンター部が擦れて毛羽立って薄くもなってきているので、張替修理のご依頼をいただきました。  
 
少し薄くなりましたが、グレー色のエクセーヌ生地を使用して張替えをしました。
座面右側のウレタンの補修、補強も行いました。
 
この電動シートは非常に重くて、分解、組上げ時の取り回しでは苦労しました。
 
   MG ミジェット
 
 
 幌交換
 
旧車のミジェットの幌交換のご依頼です。
元の車体も幌同様で酷い状態でしたが、板金、塗装で綺麗なボディになったので、幌も新調することになりました。
 
受注作成になりますので、1か月程納期が掛りましたが、ダークブルーの幌でボディ色にもマッチしてたいへん気に入っていただきました。
 
   ジャガー Sタイプ
 
 
 天井貼り替え
 
Sタイプの天井はガラスを外すことなく、脱着ができるそうです。
ただし、F,Rシートは取り外すことが必要になります。
 
天井の材質がレンジローバーと同様で折れやすくなっています。
Cピラー角部が折れていたので、接着&補強を施しました。
 
薄いベージュ色の生地で貼り替えしました。
 
   アウディ A4 & A6 アバント
 
 
 天井貼り替え
 
同じワゴンボディーの天井貼り替えの画像です。
上が A4、下が A6 になります。
 
大きさはあまり変わりません。
後端部の形状、ルームランプ部のフレームが違うところでしょうか。
 A6 はプラスチックの枠が付いていますので、取り外し、再接着が必要になります。
 
 
   アルファ・ロメオ スパイダー
 
 
 幌交換
 
E916型のアルファ・スパイダーの幌交換のご依頼です。
 
幌はオーナー様が購入されたものを使用しました。
この車の幌はRスクリーンと本体が分かれています。
また、幌と内張りが共締めされていて、位置決めに手間取りましたが、幌、スクリーンともにスッキリとしました。
 
オープンにした時の斜め後ろからの姿は一番カッコイイと思います。
 
   メルセデス・ベンツ SLK
 
 
 ルーフパネル内張り 貼り替え
 
多くご依頼いただく SLK・バリオルーフ の内張り剥がれの修理です。
 
シートの色が黒/エンジ色でそれに合わせてエンジ色のレザーに貼り替えしました。
 
  BMW ミニ
 
 
 天井貼り替え
 
最近、お問い合わせが多くなってきている BMW・ミニ の天井貼り替えのご依頼をいただきました。
見事に落ちています。
 
ハッチバックですが、天井は意外に大きくて素直に出てきませんでした。
 
 
   フィアット 旧型パンダ
 
 天井貼り替え
 
Wサンルーフ車の天井の貼り替えのご依頼です。
元生地の色はグレー柄なのですが茶色に汚れてしまっています。
 
ベース材は紙を圧縮加工したものですが、樹脂が少ないようでコの字の方は芯が無くて折れやすくなっていたので、ファイバーで補強もしました。
 
  フィアット 旧型パンダ
 
 
 表皮センター部張替修理&クッション強化
 
運シートが汚れ、擦れが酷く、座クッションもヘタリ気味なので、リフレッシュしたいとのご依頼をいただきました。
 
生地はご用意いただいた状態の良いノーマルのリアシート生地一式から切り出しています。
座面は充分取れたのですが、背もたれの長さが15cmほど足りなかったので、柄方向を替えて下部で継ぎ足しました。
背もたれの裏面に廻りこむ箇所ですので、余り目立つことも無く、ご了解をいただきました。
 
座クッションベルトも硬めのベルトに新しく交換、座ウレタン裏面の補強もあって、シッカリとした感じになりました。
 
 
  ランドローバー・ディスカバリー
 
 
 天井貼り替え 
 
久しぶりのディスカバリーの貼り替え作業のご依頼をいただきました。
この天井は軟らかい発砲ウレタンを薄い圧縮材で挟んでいるのですが、サンルーフ開口部周辺で折れていることが多いです。
グラスファイバーで補強を施して貼り替えをしました。
 
長さ、幅ともに大きいので、軽バン(ミニキャブ)では助手席を外していっぱいいっぱいです。
 
  シトロエン Hバン
 
 
 座面クッション強化 
 
座面クッションゴムが切れてお尻が落ち込んでしまう為、座面の強化のご依頼です。
ウレタン裏の麻生地が劣化していて、ウレタンも切れていました。
裏面の生地を貼り直し、座面のフチをフレームに接着しました。
ご用意いただいたクッションゴムを付け替えてシッカリするようになりました。
 
 
   メルセデス・ベンツ W210
 
 
 天井貼り替え
 
この天井はリア部から落ちてきます。
サンルーフありの場合、貼り替えはサンルーフの開口部から貼ってルームランプ廻りの凹凸が大きいところへと貼り付けていきます。
 
お願いをひとつ。
応急処置で隙間からボンドで接着されているものがありますが、これはやめていておいて欲しいです。
ボンドの種類によってはベース材が捲れてしまうことがあります。
押しピンやタッカーでお願いします。
 
 
  BMW E36 カブリオレ
 
 
 幌 交換 
 
この車両を長い間探されていたようで、オールペイントに次いで幌の交換をご依頼いただきました。
 
内装色に合わせてタン色の幌に、テンション・ベルトの交換も行いました。
 
  ポルシェ 993
 
 
 リア・トレイ 張り替え修理 
 
内装が本革仕様の車両ですが、紫外線などで劣化して硬化と縮みの為に張替のご依頼をいただきました。
めくるために強めに引っ張るだけで裂けてしまうくらいにやられていました。
 
今後のことも考えてレザーを使用しての張替になりました。
 
 
   アウディ TT 
 
 
 天井貼り替え
 
初期型のTTの天井貼り替えのご依頼です。
 
アウディのピラーパネルは総じて固めに固定されているので、サイドまである長物のAピラーは折れに気を付けて脱着しました。
 
少し薄めの色になりましたが、ご了解をいただき、納車となりました。
 
   メルセデス・ベンツ W114
 
 
 Fシート ファブリック生地張替修理
 
'70年代のミディアムクラス・セダンのFシートのファブリック部分が擦り切れたので張り替え修理のご依頼です。
 
サイド、マチ部分のレザー箇所は綺麗な状態なので、センター部のみを張替しました。純正と同じ方法(これが手間掛かります)でヘッドレストも張替しました。
 
良く似たファブリックが見つかりましたので、雰囲気が大きく変わることなく仕上がりました。
 
 
   旧車(車種不明)
 
 
 座面クッション強化
 
運転時に座面が沈みすぎて左右に揺れるので、ホールド感をあげて欲しいとのご依頼をいただきました。
 
ウレタン裏面に補強を施し、クッション・スプリングの隣どうしをワイヤリングで繋いで動きに制限が出るように加工しました。
また、サイド部を特に固めにして欲しいとのことで、コイルスプリング内にスチロールの丸棒を挿入して仕上げました。
 
    トヨタ センチュリー
 
 
 座面センター部張り替え修理
 
本革シートのパンチング座面部分が硬化による切れと割れがでてきたので、価格も考慮してのパンチング・レザーにての張り替え修理のご依頼をいただきました。
同じく、割れが出ていたパイピングも張替しました。
 
後に、リペアペイントで同色に塗装して納品しました。
 
   クーペ・フィアット 
 
 
 天井貼り替え
 
この天井は前後がビス止めされた分割型です。
生地部分は全体が落ちていて、前後左右の一部でかろうじて止まっている状態でした。
 
少し濃いめのグレー生地で貼り替え、Aピラーの修理も施してからの取り付けしました。
このAピラーがドアまでの一本もので年代が結構経っているのも相まって、途中で折れていました。
この為、片方のピラーは取り外さずにいたのと、室内が案外狭くて天井の取り出しには思っていたよりも苦労しました。
 
 
 
  アウディ A4 アヴァント
 
 
 天井貼り替え
 
見事なくらいに生地が落ちてきています。
何故かこのメッシュタイプの生地は接着が弱いような感じがします。
同じメッシュ柄の生地で貼り替えしました。
 
この車両は天井のサイドパネルに脱着順序があるようで少し難儀しました。
 
 
   フィアット パンダ アレッシー
 
 
 座面サイド部 張り替え修理
 
座サイドの擦り切れはNewパンダには多く見られる症状のようです。
同じような生地目、色の生地が見つかりましたので、これを使って張り替えました。
汚れも酷かったので、クリーニングも行いました。
ウレタンは思っていたよりも状態は良く、切れなども有りませんでしたが、念の為補強をしています。
 
それにしても鮮やかな緑色のシートで、さすがヨーロッパ小型車という感じです。
(他にも青、黄色などはあるらしいです)
 
   ジャガー XJ6
 
 
 シート座面 ウレタン補修、補強
 
運シートに座ると座面が落ち込むので対策をしてほしいとのご依頼です。
 
底部のゴムマットの固定部分が切れて外れていましたので、補修をして左右のマットを入れ替えしました。
また、ウレタン裏に付いていた赤いクッションも劣化していたので、新しいチップウレタンに交換、補強の生地を貼り付けて組上げしました。
 
 
   メルセデス・バンツ 
     W463 ゲレンデ・ヴァーゲン
 
 
 天井&サンシェード&Aピラー貼り替え
 
ゲレンデの天井貼り替えのご依頼です。
ロングボディなので天井が大きく脱着が2人掛りの作業で大変でした。
 
メッシュ柄の幅広生地を使用して貼り替えをしています。
生地目を合わす為、Aピラー、サンシェードも同生地で貼り替えました。
 
 
   メルセデス・ベンツ W210
 
 
 天井貼り替え
 
この車両もおおかた10年くらい経過するようになって天井が落ちてくるというご相談が多くなってきました。
 
このモデルからビニール素材ではなくなっているので、当方でご用意できる生地と同じ素材になっています。
この為、サンシェードの貼り替えをしなくても違和感はなくなりました。
 
   トヨタ ハリアーHV
 
 
 運シート 座面張り替え修理
 
座面の外側の表皮の破れの張り替え修理のご依頼です。
サイドサポート、横マチ部2枚を張り替えました。
非常によく似た生地をご用意できたので、喜んでいただけました。
 
   アルファロメオ スパイダー
 
 
 純正ハードトップ 天井張り替え
 
純正ハードトップの天井内張り 「吊り天」 と呼んでいる天張りを純正の白色から黒色生地へと変更しての張り替えご依頼をいただきました。
 
音鳴り防止のウレタンを貼った後、縫製作成した天張りを張り込みパーツを取り付けて完成です。
 
 
 
 
 
   ベンツ W202 & VW クロスポロ
 
 
 天井 貼り替え
 
W202ワゴンの 天井&サンシェード は内装色が赤色の車両なので、ベージュ色の生地を選ばれて貼り替えをしました。
 
クロスポロは生地が剥がれているのではなく、リア部のタイヤの汚れがクリーニングでは落ちなくて貼り替えとなりました。
まだ新しい車両なので生地は思っていたより強力に着いていて、剥がすのに時間が掛かりました。
同系のグレー色で貼り替えです。
 
   ユンボ  座面破れ修理
 
 
 座面の表皮がパックリと割れてしまったユンボのシートの修理のご依頼です。
 
一体成型品のうえ、屋外での使用で雨風&直射日光によって表皮の硬化、縮みが酷くなっていました。
 
表皮を綺麗にめくることができないのでウレタンを埋め凸凹を慣らしてから、カバータイプでの張り替えになりました。
 
 
 
  フィアット クーペ・フィアット
 
 
 シート背もたれ 左右入れ替え
 
運転席の背もたれ外側が乗り降りによる擦れが酷かったので補修できないかとのご依頼をいただきました。
 
このシートはレカロのSRベースでしたので、ウレタン、表皮を左右入れ替えて、擦れた部分はリペア修理をしました。
ウレタンも左右共に補修、補強をしています。 
 
  VW ゴルフ5
 
 
 天井貼り替え&ドアトリム入れ替え 
 
久しぶりのゴルフ5の天井貼り替えのご依頼です。
今回は剥がれは小さな範囲でしたが意を決して貼り替えを決断されました。
 
本革トリムのRドアに穴が開いていたので、中古ドアを購入してトリムを入れ替えしました。
 
  日産 キャラバン 、 セレナ
 
 
 運シート 座面張り替え修理 
 
座面外側のウレタン補修、表皮の張り替え修理をご依頼いただきました。
 
キャラバンの方はウレタンの欠損が大きかったのでウレタンブロックを貼り付け、切削成形しました。
 
  ポルシェ 993
 
 
 リアトレイ 穴埋め、張替
 
以前にドアグリップ、センターコンソールの張替をさせていただいた方からリアスピーカートレイにあるワイパーの切り欠きを塞いで張り替えて欲しいとのご注文をいただきました。
クロスファイバーとエポキシボンドを使って穴埋め成形をして新しいレザーで張り替えをしました。
 
   レンジ・ローバー
 
 
 天井、サンシェード 貼り替え
 
久しぶりのレンジローバーの天井貼り替えのご依頼です。
この天井には幅広サイズの天井生地が必要で、在庫切れが長い間続いていたこともあり、作業ができませんでした。
久しぶりに入荷したことで貼り替え作業にかかりました。
ノーマル天井生地の色がベージュとグレーの中間のような微妙な色で良く似た生地を使用しての貼り替えになりました。 
 
サンシェードも同時に貼り替えいたしました。
ちなみに、サンシェードはサンルーフユニットを外さなければ取り出すことができません。
 
 
   ポルシェ 930
 
 
 運シート 座面修理
 
このシートもリペア修理をされたものですが、縫製部の破れをボンド接着している為、ゴワツキが酷くて気になるということでご依頼をいただきました。
シート表皮を固定するホネ袋がちぎれていたので、新しく取りつけてリペア部も縫いこみをして組上げました。
 
オーナー様にもご確認、ご納得をいただきました。
 
   アウディ A3
 
 
 運シート 座面張替修理
 
サイドサポートのタバコ穴をリペア修理されていたのですが、仕上がりが満足できないので修理のご依頼をいただきました。
表皮をバラしてみたら内側のマチ部分からサポート部が取れそうだったので、ご了解をいただき分解、型取り、再縫製で仕上げ、内側マチの生地は黒ファブリックで張り替えました。
 
シートを取り付けてしまえば、内側はほとんど見えるところがなくなる為、非常に喜んでいただけました。
 
  プジョー 307
 
 
 天井貼り替え 
 
この頃のフランス車も天井が落ちているものが多くなってきているようです。
前後左右の曲率が強いので仕方がないのかなという感じです。
ウレタンのベタツキ具合も少なくて取り除くのは楽でした。
 
当方でご用意できる生地がノーマルに良く似ていたので、違和感が無く貼り替えすることができました。
 
   アルファロメオ スパイダー
 
 
 ドア内張り 再作成
 
購入されたときからこの状態だったのですが、表皮の捲れや内張りの外れが目立ってきたので、シートと同じベージュ色に張り替え、ベース板も新しく作り直しのご依頼をいただきました。
 
純正ではないスピーカーの固定とベース板の型取りには苦労しましたが、内張りもシッカリと固定できるようになり、仕上がりには満足していただきました。
 
   日産  フーガ  ムラーノ
 
 
 運シート 座面  張替修理
 
同時期に日産車のシート修理のご依頼をいただきました。
 
両シートとも座面の横マチ部のレザーが割れてめくれていました。
日産系のシートには多い症状です。
ウレタンの劣化があったシートは補修、補強をしてからの張替修理をしました。
 
 
  メルセデス・ベンツ R107 SL  
 
 
 リア センター&サイド・パネル 貼り替え
 
長い年数が経っているのとサイドパネルにめくれや傷が目立ってきたので貼り替えのご依頼をいただきました。
 
ノーマルと同様に、センターパネルは本革、サイドパネルはレザーを使用しての貼り替えになりました。
 
 
  
 
   VW ビートル
 
 
 ドアトリム 貼り替え
 
天井と同じくらい多くある、ドアトリム生地の剥がれ修理のご依頼です。
 
イメージチェンジも兼ねて、黒色レザーで貼り替えしました。
 
   MG-ZT
 
 
 天井&ドアトリム 貼り替え
 
ローバー75 のエンブレム違いの車両です。
75自体もあまり見かけませんが、MGになると初めて見ました。
 
ノーマルより少し薄い目のグレー生地で天井、各ピラーを貼り替えました。
 
ドアトリムはファブリックから同色レザーへ貼り替えいたしました。
 
  ユーノス・ロードスター NB
 
 
 幌交換  
 
リアウィンドウ部がめくれたような状態になってきたので、ノーマルのビニール地幌からタン色キャンバス地幌への張替のご依頼です。
 
これからも長く乗っていきたいということで幌交換をされたとおり、車体全体もきれいでした。
 
  ジャガー XK-R
 
 
 天井・Aピラー 貼り替え 
 
昔のEタイプのようなクーペボディでカッコイイのですが、天井が所々剥がれてきていました。
Aピラーも同様な状態だったので、貼り替えをいたしました。
 
クーペなので天井の前後は短いのですが、横幅があるため天井の取り出しにはシート左右とも外して尚且つ、室内で前後を一回転させないと出せなかったり、ご自分でボンド貼りをしていたため結構手間が掛かりました。
 
 
  アウディ オールロード・クワトロ
 
 
 天井貼り替え 
 
本革製レカロシート(スタイル型)からピラー、カーペットまで緑内装色の車両の天井貼り替えのご依頼です。
形状はA4アバントとほぼ同じです。
 
少し濃いめの緑色の天井生地が有りましたので、その生地を使用し貼り替えしました。
 
  メルセデス・ベンツ SLK
 
 
 ルーフ・パネル内張り 貼り替え
 
バリオ・ルーフのトップパネルに付いている天井生地の剥がれも多くなってきている事例です。
 
同系色のレザーで貼り替えて納品となりました。  
 
   座面 修理
 
 
 日野トラック プロフィア
 三菱 デリカ・シャモニー
 
 日産 エルグランド
 
それぞれの運シート座面右サイド部のウレタン修理、補強と表皮の部分張り替え修理を行いました。
 
  ベントレー コンチネンタルGT
 
 
 天井剥れ 修理 
 
以前にも作業したことのある天井の革の剥れの修理です。
劣化したウレタンを取り除き、直貼りで貼り付けしました。
 
   ポルシェ 930
 
 
 メーター廻り レザー貼り付け 
 
修理&レストア中の ポルシェ 911 のメーター廻りに貼ってあったレザーに破れがあったので貼り替えのご依頼をいただきました。
 
メーター類が取り付けられるので見える部分は少ないのですが、できるだけ同じ様なシボ模様のレザーを選んでの貼り替えをしました。
 
  BMW Z3
 
 
 幌交換 
 
それぞれ、幌の色を変えられた車両です。
ブラック×グレー、グリーン×タンに仕様変更です。
 
グレー色幌は別オーダー品で納期に2ヶ月程掛かりましたが、ご満足いただけました。
 
 
   プジョー 207CC
 
 
 ダッシュボード 張替え
 
紫外線の影響と思われる革の縮みで縫製糸が切れているのと、窓側部分の接着が剥れているので張替えのご依頼です。
このような状態の車両は結構出てきているらしいです。
 
予算や今後のことも考慮して、レザーを使用しての張替えを行いました。
コンソールまで一体物なので、取り回しには苦労しました。
 
   ユーノス・ロードスター NA
 
 
 幌交換
 
懐かしいNA型ロードスターの幌交換のご依頼です。
幌の劣化はご覧のとおり酷い状態でリアスクリーンは全く見えない、前端部も破れかけていました。
 
コンバーチブル研究所 様から購入された NB用リアガラス(キャンバス製) のものに交換しました。
 
   ルノー キャトル
 
 
 シート張替え修理
 
シートサイド部のレザーが劣化とヘッドレストの割れでウレタンが見えるので、修理のご依頼をいただきました。
 
このヘッドレストは一体成形品でしたが、生地の縫製で作成しました。
シート本体はセンターのファブリック部を再使用し、レザー部を総張替えしての修理をいたしました。
 
 
 
   ホンダ インテグラ DC5
 
 
 純正 RECARO SR4  張替え修理
 
運シート背もたれの右サイド部が擦り切れで大きな穴が開いていました。
同じようなエンジ色のエクセーヌを使用しての張替え修理を行いました。
外側の生地も擦り切れていたので、その部分を詰めて縫製しました。
 
あまりにも汚れが酷かったので、軽くクリーニングも行ったので、大きな汚れは無くなりました。
 
   レンジ・ローバー  3rdモデル
 
 
 天井貼り替え
 
このモデルも天井生地の剥れが多くなってきました。
3rdモデルから天井幅が狭くなったので、通常の幅の生地を使用できるようになったので、生地色のチョイスが増えます。
 
天井の固定箇所のパーツの接着が外れていたので、シーラーなどで接着、補強をしてからの取付をしました。
 
  メルセデス・ベンツ Eクラス
               W210
 
 
 天井貼り替え 
 
最近、お問い合わせなどが増えてきました W210系の天井貼り替え依頼です。
 
このモデルは天井生地がビニール素材ではなくなり、当方でご用意できる生地と同じ物になっていました。
同色の生地に貼り替えて納品となりました。
 
   メルセデス・ベンツ Vクラス
 
 
 天井貼り替え
 
ベンツのワンボックス・カー Vクラスの天井生地が剥れてきたので、貼り替えのご依頼をいただきました。
 
前後2分割のライニングで結構厚みのある硬い材質のものでした。特に後部ライニングは2m以上あり、非常に重たく、曲げることもできないので、リアゲートからの引き出しには2人がかりでした。
天井がフラットであるので、これくらいシッカリしたものが必要になるのだろうと思います。
 
このライニングの取り付けは数列のプラスチック・ファスナーで固定されています。
 
   メルセデス・ベンツ Cクラス
                W202 
 
 
 天井、サンシェード 貼り替え
 
Cクラス・セダンの天井貼り替えのご依頼をいただきました。
サンシェードの脱着に多少手間が掛かりましたが、天井共に何とか取り出して、貼り替えいたしました。
 
生地も変わり、紺色のベルトラインも無くなりますが、お好みの色でイメージチェンジも可能です。
 
  スマート ロードスター 
 
 
 シート修理&ルーフパネル貼り替え 
 
なかなか見かけることの無い スマートロードスターの修理依頼です。
 
助シートの座面の革が縮んで、縫製が切れていました。
在庫にあった黒革で張替え修理いたしました。
 
オープンのルーフパネルの生地も浮いていたので、貼り替えしました。
パネル本体に直貼りしていて、生地端部や凹部が剥がれてきていました。
生地端部はルーフを取り付けると見えなくなるところなので、シーラーで処理をしました。
 
   スマート K
 
 
 ドア・トリム貼り替え
 
決まって浮いてきているスマートのドアトリムを貼り替えのご依頼をいただきました。
 
4台分まとめての作業で、それぞれのボディ色に合わせたレザーでの貼り替えをいたしました。
 
   メルセデス・ベンツ W123 セダン
 
 
 シート張替え修理
 
ボディも非常にきれいな車両なんですが、残念ながら運シート背もたれ外側のみが擦り切れています。
純正生地での張替え修理もご検討されていましたが、如何せん価格が高くて、断念されました。
 
背、座ともにサイド部をレザーに張替えての修理となりました。
このような純正シートもあるので、違和感はあまり感じなく、満足していただきました。
 
   トヨタ ハイエース・レジアス
 
 
 アームレスト張替え修理
 
アームレストのウレタンが崩れ、破れ、汚れも酷くなったので、修理のご依頼をいただきました。
 
このアームレストは一体成形品で生地を剥がすことができなかったので、カバー状に作って被せた後、後端部を手縫いして仕上げました。
ウレタンもゴッソリと無くなっていましたので、ウレタン板の詰め物、成形をしました。
 
  クライスラー PTクルーザー
 
 
 天井貼り替え
 
この車も天井剥れのお問い合わせが増えてきました。
下のランドローバーと同様に見事に剥れていました。
天井ベース裏には細い配線も貼り付けされていて、剥がすときには気を使いました。
 
新しい生地に貼り替えてオーナー様にスッキリしたと喜んでいただきました。
 
 
  ランド・ローバー ディスカバリー
 
 
 天井貼り替え
 
ディスカバリーの2ndモデルの天井貼り替えのご依頼をいただきました。
生地がきれいに剥れていて、ウレタンの残りも凸部に少量付いていただけでした。
 
ベースの幅も広いので、新しい生地幅ギリギリで引っ張りながら何とか貼り替えることができました。
 
取り外したパーツを組み付けて納品となりました。
 
   メルセデス・ベンツ R107 SL
 
 
 シート背もたれサイド部張替え修理
 
本革シートの左席背もたれ外側が長年の擦れによって、穴が開いていました。
同色の革を使用して張替え修理を行いました。
左右両シート共にまだまだしっかりとしていて、キズは多箇所ありましたが、これも味ということで手をつけずにおきました。
 
車体も非常に綺麗な状態で機関も絶好調な車両でした。
 
 
  いすず エルフ2t車
 
 
 シート座面張替え修理 
 
トラックのシートは必ずといって良いほど、座面外側がやられています。
 
同系統色のグレーファブリック生地で良いので座面前面の張替え依頼をいただきました。
ウレタンももれなく崩れていましたので、補修、補強をしての納品となりました。
 
   MG-RV8
 
 
 幌 ファスナー取替え
 
リアスクリーンのファスナーが閉まらなくなったとの修理依頼です。
スライダーが割れていましたので、新しいファスナーに付け替えをしました。
国産ではぴったりのサイズのファスナーが有りませんでしたが、開け閉めを頻繁にするとのことでしたので、少し大き目のサイズのファスナーを使用しました。
 
  アウディ A4 アバント
 
 
 天井・サンルーフ 貼り替え 
 
前の型のA4の最終型の天井貼り替えのご依頼です。
サンルーフシェードも落ちてきてはいませんでしたが、触ると形が残るようになっていましたので同時に貼り替えました。
 
この車両のサンルーフはソーラーパネルになっていました。
シェード脱着にはサンルーフ・ユニットを下ろさなければなりません。
 
 
 
   レンジローバー
 
 
 ドア・トリム 貼り替え
 
2ndモデルのドア・トリムが浮いてきているので、貼り替え修理のご依頼です。
 
ノーマル生地によく似たモケット生地を使用しました。
 
トリムのパネルは取り外すことができますが、掛かりがきついため割れてしまいます。
取り付けには両面テープを併用して固定しました。
 
 
 
   メルセデス・ベンツ Gクラス
 
 
 天井・サンルーフ・Aピラー貼り替え
 
ゲレンデ・ヴァーゲンの天井、サンルーフに剥れ、汚れがありましたので、貼り替え修理のご依頼です。
 
黒色の天井がご希望でしたので、黒生地で貼り替えましたが、天井の幅が広く、また、サイド部立ち上がりがキツイので生地幅はギリギリでした。
サンルーフ・Aピラーも同色に貼り替えしました。
 
 
*幅広の生地もご用意できますが、色が限られてきます。
また、価格も別格(1,5倍以上)になります。
 
   BMW Z3
 
 
 幌交換
 
サイドテンション・ワイヤーが切れていた為と思われる雨漏りに悩まされていたようで、ご自分でいろいろと対策をされていましたが、一発奮起されて新品幌に交換されました。
 
車両や内装に合わせてのダークブルー色の幌に張替えです。
 
  RECARO LX-LD
 
 
 シート補修・補強&クリーニング 
 
車椅子にご使用されているシートで、座面底のラバーマットが切れて、クッションが落ち込んだ為、修理のご依頼をいただきました。
中古のラバーマットに交換し、変形してしまった座面ウレタンを補修、補強、ニーサポートも変形を補修しました。
背もたれの後面角部にも擦り切れがあったので、生地を詰めて修理しました。
 
分解したついでにクリーニングのご依頼もいただきました。
長年ご使用されていたようで、結構な汚れやシミがありましたが、綺麗になりました。
 
 
*モデル名は確かではありません。
 
   ホンダ オデッセイ・アブソリュート
 
 
 運シート部分張替え修理 
 
このシートはサイド部に本革を使った仕様ですが、その革がボロボロの状態でした。
在庫の黒革で部分張替えをしました。 
 
中国地方からのご依頼でしたので、座面のみを送っていただきました。
 
 
 
   ルノー 4(キャトル)
 
 
 運シート 座面修理
 
運シートの外側破れと座面が落ち込んでいるのを修理しました。
 
座面のクッション・スプリングがリア取り付け部で折れていました。
また、背もたれのクッション・ネットの骨も折れていて宙ぶらりんの状態でした。
部品取りとして助シートを持ってきていただいて、スプリングの入れ替えをいたしました。
座ウレタンも助シート用の状態が良かったので、補強をして使うことにしました。
サイドサポートの形が変わりますが、しっかりクッションするようになりました。
 
表皮は破れていたところを部分張替え修理をしました。
 
   スマート
 
 
 ドア・トリム 貼り替え
 
ドア・トリムの生地が汚れと浮いてきているので、修理のご依頼をいただきました。ボディー・カラーに合わせた色のレザーを使用して張替えをしました。
 
 
  BMW Z3
 
 
 助シート 座面パイピング 修理 
 
座面のパイピングの中の芯材が出てきたので、修理依頼をいただきました。
座面全体の革の劣化もありましたが、パイピングをレザー生地で張り替える作業をいたしました。
 
表皮の固定はボンド接着されていますが、これでもかという位に頑丈に付けられていました。
 
 
  ブガッティ デ・ラ・シャペル
 
 
 ドア幌 ファスナー修理 
 
ドアウィンドウ下部の開口部のファスナーが閉まらなくなったということで修理依頼です。
過去に修理をされていたようで、スライダーが反対に取り付けられていました。
一度取り外して、正しく組み合わせて端部を縫製しなおしました。
 
   BMW Z3
 
 
 幌交換 2台分 
 
どちらの車両もスクリーンが割れ、幌の状態もいまいちという状態でした。
 
両方とも黒ボディーですが、それぞれタン色とダークブルーの幌に交換しました。
 
ダークブルーの幌はスモークスクリーンの別注品です。
 
新しい幌に交換を考えておられる方は幌の色を変えてみるのも車の雰囲気も変わりますので、お勧めです。
 
  BMW M3(E36)
 
 
 ドア内張り&天井貼り替え
 
前回に引き続き、天井、サンルーフパネル、Aピラーなどの貼り替えとドア内張りの貼り替えです。
 
ドア内張りは全体的に浮いていて縮みが酷くて再使用が不可なのと左右内張りが違う色だったので、肘掛トリム共にレザーでの貼り替えをご依頼いただきました。 
ポケット部には縫製を入れました。
 
   ジャガー XJ8
 
 
 天井貼り替え
 
約10年落ちのジャガー天井の貼り替え作業です。
古い型とは違ってウレタンのベタツキは無く、作業は比較的楽に落とせました。
しかし、脱着作業には手こずりました。
ルーフ関係の配線が裏面にガッチリ接着されていたのには閉口しました。
 
 
 
   BMW 318ti (E36)
 
 
 天井・サンルーフ貼り替え
 
天井は殆ど剥れていて、サンルーフボードはすでに剥がされていました。
Aピラーなども剥れていたので、同時に貼り替えてほしいとのご依頼です。
サンルーフボードの脱着は外側からしか外せないので、パネルをバラシての作業になります。
 
サンルーフ廻りのモールにもスポンジカスが付いていたので、クリーニングをして再使用しました。
 
   ダイハツ リーザ・スパイダー
 
 
 幌リアスクリーン交換
 
バブル時代頃のリーザ・スパイダーという
ものすごく珍しい車両の作業依頼をいただきました。
雑誌以外で見たのは初めてです。
 
リアスクリーンが割れてしまったので、新しいスクリーンに張替え交換しました。
この幌はセンター部がファスナー分割で折りたためるのですが、取り付け部では一枚物に縫製されていましたので、幌全体を脱着しての作業となりました。
 
オープンにした様子と窓の開き方が時代を感じさせます。
 
 
   ポルシェ ボクスター
 
 
 幌交換
 
経年劣化によりリアスクリーンが割れてしまったため、ガラス製ウィンドウの幌に交換いたしました。
窓面積は小さくなってしまうので後ろが見難くなりますが、リアスクリーンのトラブル(割れやくすみなど)の心配はなくなりますので、一考の価値はあると思います。
 
幌は コンバーチブル研究所 様から購入された物です。
 
   ニッサン シルビア180SX
 
 
 ドアトリム修理
 
ドア内張りの生地の剥れの修理依頼です。
このあたりの年代の国産車にもよくある症状です。
できればノーマル生地の再使用というご希望でしたので、
丁寧に剥がして再貼り付けをしました。
 
伸びがほとんど無い生地でしたので、苦労しましたが何とか納品できました。
 
 
   メルセデス・ベンツ W124 セダン
 
 
 天井・サンルーフシェード貼り替え
 
ノーマル生地は前面にわたり、落ちていました。
サンシェードも同じように貼り替えて欲しいとのご依頼です。
 
USAウレタン付の黒色生地を使って貼り替えしました。
サンフール開口部に引っ掛けるアルミ材が剥がれていたので、エポキシ・ボンドとシーラーで接着固定をしています。
 
内装色が黒なので、違和感もあまり無く仕上がったとご感想をいただきました。
 
   VW ゴルフ5
 
 
 運シート 背もたれ 修理
 
先日、天井貼り替えをさせていただいた車両の運シーとの右サイドサポートのウレタンが内側にずれています。
エアバッグユニットとの引っ掛かりが外れていましたので、ユニット側面に接着固定しました。
左右同じくらいの開き具合になりました。
 
   VW New ビートル
 
 
 ドアパネル 分解
 
ドアパネル全体にベタツキが出て、スリ傷あとが目立つようになり、塗装をしたいのでパネルを分解して欲しいとのご依頼です。
ペイント後、プラ・ネイラー&溶着で組み上げました。
 
   VW ゴルフ5
 
 
 ルーフライニング貼り替え
 
最近、頻繁にお問い合わせ、ご依頼をいただくようになってきた ゴルフ5 の天井貼り替えです。
いつものように、下吹きをしてから貼り替え作業をしました。
 
しかし、ジェッタ5も同様ですが、グリップやサンバイザーなどの取り付けはやり難くて堪りません。
 
   三菱 ジープ
 
 
 運シート座面張替え修理
 
S54年式のジープです。
運シート座面のサイド部のウレタンの崩れの修正と、表皮にも経年劣化によるものと思われるレザーの吾が何箇所かあったので、張替え修理のご依頼です。
 
崩れたウレタン部には別のウレタンが詰め込まれていました。
同じチップウレタンで成形修理、裏面に補強も施しました。
ノーマル表皮と同様の柄のレザーがご用意、張替えをすることができ、オーナー様にも非常に喜んでいただきました。
 
 
   RECARO SPORTS
 
 
 バックシェル修理、座面ウレタン加工
 スイッチ移設  
 
AM19シリーズではお決まりのシェル固定ブラケット部の割れの修理のご依頼です。
SPの場合、ブラケット付け根から割れることが多いです。
再び分解できないことをご了承いただき、プラスチック・ネイラーと樹脂溶接で修理しました。
 
また、運転時に腿裏への圧迫感が強く、痺れが出てくるとのことで改善をご希望されていましたので、サイドサポート部を削り、表皮固定フックを一つ外して、表皮のテンションがゆるくなるようにしました。
 
同時に、ヒーター&ファンのスイッチをサイドパネルに移設しました。
 
   VW ビートル
 
 
 天井、ドア内張り 貼り替え
 
今回は天井と同時にドア内張りも浮いてきているので貼り替えをしてほしいとのことでした。
 
両方とも同じメッシュ柄生地を使用して貼り替えています。
 
   VW パサート・ワゴン
 
 
 本革Fシート 粉ふき修理
 
1年ほど前に一度作業事例のある、革シートのセンター部パンチング穴から劣化したウレタン粉が出てくる状態の修理です。
 
ボロボロになったウレタンを全て取り除き、掃除機を掛けてから新しいウレタンを貼り付けました。
 
シートセンター部にも張りが出て、オーナー様にも納得していただきました。
 
   BMW Z3
 
 
 幌交換&運シート修理
 
いつものZ3幌交換です。
この幌もサイドワイヤーが飛び出していて、交換はやむなくというところでした。
ブルー色の幌に交換して、ボディー色とも合ってスカッといい感じになりました。
 
運シートのサイド部も穴が空いていたので、ウレタンの修理、補強も行ってから、同色レザーで張替え修理しました。
(仕上がり後の画像を撮り忘れました)
 
   フィアット バルケッタ
 
 
 幌 修理
 
リアスクリーンの下コーナー部の糸切れのため、雨が染みてくるので修理依頼をいただきました。
ここはスクリーンを取り付けるファスナーが縫製されています。
ぐるっと一周縫製をかけて、裏面に防水のためにボンドを塗布しました。
幌骨の止め生地部も同様の修理をしました。
 
また、テンションベルトが切れ掛かっていたので、新しく作成しました。
 
   BMW E36 セダン
 
 
 天井貼り替え&ドアトリム修理
 
ドアのトリムが浮いてきているので、貼り直しの修理と天井生地の貼り替え修理の依頼です。
 
トリム裏の生地も浮いていてトリム全体を押し上げていたので、一部カットして貼り付け、トリムを修理して再接着して納品です。
 
黒色の内装色の車種ですので、天井は黒色で貼り替えしました。
 
 
 
   日産 ムラーノ
 
 
 運シート 表皮交換&座ウレタン修理
 
本皮シートのサイド部が擦れて傷が入っていたのと、乗り降りによる座面サイド部のウレタンの切れの修理のご依頼です。
 
座面のウレタンの補修、補強を行い、表皮は純正部品を使用して交換しました。
 
   BMW Z3
 
 
 幌交換 
 
リアスクリーンは割れていませんが、サイド・テンションワイヤーの袋が破れて、横方向に5cmほど縮んでいました。
 
コンバーチブル研究所様から新しい幌を購入して、交換しました。
 
   VOLVO V70
 
 
 運シート 破れ修理
 
中古車屋さまからのご依頼です。
背もたれ右のサイド部の縫製の糸切れで口が開いていたので、再度、縫製をほどき、縫い直しをしてダブルステッチで仕上がりです。
 
たまたま、シートの電動機能の調子が悪くて、その場でシート表皮を取り外して持ち帰り、修理後取り付け、納品となりました。
 
   VW ゴルフ5
 
 
  ルーフライニング貼り替え
 
最近、作業&お問い合わせも増えてきました ゴルフ5 の天井生地貼り替えです。
 
黒のメッシュ柄生地で貼り替えをしました。
 
オーナー様が天井を脱着、古い生地も剥がしてきていただいていたので、手間も少なく、非常に助かりました。
 
  ポルシェ 911(930型)
 
 
 本革シート座面張替え修理
 
運転席座面のセンター部が経年劣化によるステッチ部が割れているので、同じ様にパンチング本革を使用して張替え修理をしました。
パンチング穴のピッチや革シボは変わってきますが、硬化した革に比べて、しなやかな座面になりました。
 
元の革は横方向に2~3cm縮んでいました。
サイド部などの他の革も硬化、縮みはありましたが、そのまま使用しています。
 
  VW ゴルフ4カブリオレ
 
 
 幌Cピラー部穴あき補修
 
これも定番になってきた感もある、Cピラー部の溶着剥がれの修理依頼です。
 
いつものように幌後ろ半分をバラして、手縫い補修、ボンド貼り付け、テープ貼りという工程で修理しました。
反対側(左側)はまだ剥がれていなかったのですが、こちらも同じ補修をしました。
 
  クライスラー ジープ・チェロキー
 
 
 ルーフライニング貼り替え
 
チェロキーLtdの天井生地剥がれの貼り替え修理依頼をいただきました。
 
天井は通常の生地で、オーバーヘッド・コンソールとリア・スピーカーボックスは黒レザーで貼り替えをしました。
 
この車両の天井ベース材がミルフィーユのように積層された紙素材で作られていて、生地を剥がすと何層かがくっついて剥がれてきてしまうので、苦労しました。
 
 
 
  
 BMW Z3
 
 
 幌交換
 
初期型くらいの車輌でしたので、スクリーンのフチモールの剥がれ、サイドワイヤー部の破れなど、幌の状態も結構劣化していました。
 
どうせ交換するならということで、色を変えてみようかとエンジ色の幌をチョイスされました。
 
シルバーのボディーにも合っていてオーナー様も満足されていました。
 
 
  VW ジェッタ
 
 
 ルーフライニング貼り替え
 
下記のビートルと同時に依頼をいただきました。
ゴルフ5と同時期のモデルのジェッタ(最終型?)です。
一度ベントに名前が変わりましたが、再びジェッタが復活したそうです。(知りませんでした)
 
以前、作業したゴルフ5と同じ生地、形状、同じ剥がれ方でした。
ただ、ジェッタにはリアカーテンがあり、フックを固定する部品がついています。
Cピラー上部のツノ形状で車内からの取り出しに非常に苦労したそうです。
 
 
  VW  ビートル 
 
 
 ドア内張り剥がれ修理
 
New ビートルのドア内張りの生地の剥がれです。
上記の天井と同じ生地を使用しました。
 
  ポルシェ ボクスター
 
 
 幌リアスクリーン入れ替え
 
スクリーン端に亀裂が入っていて、補修を検討しましたがテンションも掛かるであろうということで、入れ替え修理を行いました。
同じ色目(グリーン)のスクリーンに入れ替えしました。
 
何故かついている左右のミミ部も同じ形状にカットしました。(たたんだ時に幌骨が当たる箇所なんでしょうか?)
 
  BMW E34 5シリーズ
 
 
 ルーフライニング貼り替え
 
以前、ディーラーで部品交換をしたのですが、数年後、再び落ちてきたので張替えのご依頼をいただきました。
いつものように下吹きを入念にしてから生地の貼り替えをいたしました。
 
助手席を外して、何とかライニングを車外に抜き出すことができました。
 
 
  マセラティ セブリング
 
 
ボンネット裏トリム&シフトブーツ張替え

以前、シートのクッション改造作業をした同車両のボンネット裏トリムとシフトブーツが劣化しているので、作成、貼り替えのご依頼をいただきました。
 
ボンネットには断熱材を貼り付け、耐火レザーでトリム作成しました。
センター部にはクロスステッチが入っています。
 
シフトブーツは本皮で作成、張替えしました。
 
  トヨタ セリカ
 
 
ドア内張りトリム剥がれ修理
 
ドア内張りの生地の上部が剥がれてきたので、修理の依頼をいただきました。
生地の寸法がギリギリの大きさで伸びも無いものでしたので、スポンジを剥いで生地を直貼りしました。
 
  日産 バネット
 
 
シート座面 透明張替え
 
破れてしまった座面の透明張りの作成依頼です。
今回は座面の形状に合わせて凹型の縫製で作成しました。
座ったときに引っ張られるテンションが少なくなります。
 
  レカロ Gスクエア スタイル座面
 
 
破れ、パイピング修理

Gスクエア製 レカロ・スタイルのサイド部破れの修理依頼です。
このシートはレザーで作られています。
右サイド部が破れていて、パイピングも劣化で割れています。
シボは変わりますが黒レザーで部分張替え、パイピングもレザーで作成しました。
 
 BMW E36 M3クーペ
 
 
ドア内張り トリム生地貼り修理
 
下記にもありますトリム生地の剥れの貼り直し修理です。
このトリムは取り外すことができなかったので、トリム周辺にマスキングをしてボンドを吹き付けます。
生地は洗濯をして裏についているスポンジカスを取り除きました。
トリム裏には2cmほど入れ込んでいるので、剥れ出てくることはないようです。
 
ドア内張りを取り外すときに取れてしまったポケットなどもシーラーボンドで接着をしました。
 
 メルセデス・ベンツ Cクラス ワゴン
 
 
ルーフライニング貼り替え
 
ディーラーでの修理見積もりでは高すぎて、
ネット検索にて検索していただいたオーナー様からのご依頼です。
 
セダンと違って天井の寸法が大きいからなのか、天井を脱着の際に少し曲げたりするのが影響するのか生地の剥がれが酷かったです。
純正のように天井サイド部分のベルトラインは無くなり、生地の材質も変わりますがご了承いただきました。
 
  トヨタ エスティマ
 
 
シート座面 クッション修理、入れ替え
 
10年以上の使用しているシートですが、乗り降りの際には非常に気を使っていたそうです。
運転席のサイド部のウレタンの補修、補強をして、左右のウレタン、表皮ともに入れ替えをしました。
ついでに、表皮はクリーニングをしました。
 
  VW ゴルフ3
 
 
ルーフライニング貼り替え
 
中古車販売店様からのご依頼です。
ライニングは脱着していただいていました。
折れていた所を補修してから新しい生地に貼り替えました。
ノーマルのビニール生地とは変わってしまいますが、ご了承をいただきました。
 
  ミニ・モーク
 
 
幌リアスクリーン ファスナー修理
 
15年以上経っていますが、極上のミニ・モークです。
ボディの塗装の状態もすばらしく、幌もスクリーンがくすんでいましたが、破れ無しです。
ただ、リアスクリーンのファスナーの糸が切れていました。
縫製をし直して納品しました。

 BMW E36 セダン


ルーフライニング貼り替え

下のドアトリム修理と同時にご依頼いただきました。
全体に剥がれが酷くなってきて、数箇所押しピンで固定をされていました。
劣化したスポンジを取り除いて、ボンドの下吹きをして一日乾燥させた後、新しい生地に貼り替え、取り付けをして納車しました。

 BMW E36


ドア内張り トリム生地貼り直し

ドアトリムの生地の剥がれ修理のご依頼です。
このような状態のものをよく見ます。
トリムボードに着いている劣化したスポンジは粘着が強くて剥がすのに苦労しました。
生地はノーマルを洗って、そのまま再使用しました。

 マセラティ・セブリング


シートクッション修理

’60年代の車、日本に数台だそうです。

乗車時に頭が天井に当ってしまうので、ポジションを下げて欲しいとのことで、非常に手の込んだ成形のノーマルクッションの上半分を切り取り、トランスネットと20mmのウレタンに付け替えました。
これで、約15mmほどローダウン、かつ、今まで詰め込まれていたクッション材を取り除き、乗車すると落ち込むようにしましたので、大分、ポジションは下がるようになったと思います。
4段目右画像の左が作業前、右が作業後になります。

また、同時に、背もたれのクッションも修理しました。
ノーマルは画像3段目、左の画像の赤茶色のゴムマットなんですが、劣化、硬化していて割れていました。
クッションベースをウレタンと生地で補修、補強して、椅子クッション用ゴムバンドを張りました。
センターのタックロールにも詰め物をして、張りが出るようにしました。

 AAR リクライニングシート


座フレーム歪み修正

中古で購入した AAR シートのフレームの歪み修理です。
事故で歪んでしまったのか詳しいことは分からないとのことでしたが、この状態でもリクライニングはしていました。

新品のような状態には直りませんが、ベースフレーム取り付け寸法350mm×410mmをだして、フレームの曲がりをある程度まで真っ直ぐに修正しました。

しかし、国産シートメーカーらしく小技は効いていますが、使われている角パイプは細いし、補強(?)の鉄板もペラペラでボックス構造にもなっていないし、どうなんでしょう? という造りでした。

 ’65 キャデラック・デビル conv.


フロント・シート 座面修理

さすがに、40年以上も経った車両のシートは相当痛んでいます。
座席の底突き&左側が落ちていて、運転中は体が斜めになって腰が痛くなるとのことでした。

ノーマルのウレタンは崩れ落ちていて穴が開いています。
一度、スポンジを入れて、クッションを修正した形跡がありますが、それも切れていました。
クッションウレタンの縁周りだけを残して新しいウレタンに入れ替え、成型しました。
左サイド部のスプリングは折れていましたので、取り除き、新しいスプリングに入れ替えました。
クッションスプリングも少し、硬くなるように加工して、組み上げしました。

これで、普通の乗り心地になって、快適に運転ができると思います。

 '65 キャデラック・デビル conv.


ドア内張り カーペット取替え

ドア下部についているカーペットがかなり汚れているのもあって、新しいカーペットに入れ替えします。
ボディーカラーに合わせて赤色に変更です。
縁取りはノーマルを再使用して縫製。
アクセントもついて、いい感じに仕上がりました。

 ベントレー・コンチネンタル GT


ルーフライニング剥れ 修理

天井の内張り(本革)が浮いてきているので張りなおしの修理依頼をいただきました。
いつものようなウレタンの劣化はなかったのですが、革とウレタンを接着しているのが緑色のフィルム状接着剤でした。
このフィルム状のものがウレタンへの接着力が弱くて、簡単に剥れます。
しかも、重たい革を使っていますので、一度剥れだしたらアッという間に落ちてきます。
今後、ウレタンの劣化による天井落ちを考えて、ウレタンも取り除き、ベースに直接貼り付けました。

 ラングラー・ジープ


幌スクリーン入れ替え修理

右後ろ部の幌のスクリーンが切れているのでスクリーンの交換を依頼されました。
また、他のスクリーンも硬化、変色していましたので、同時に3面すべてのスクリーンを新しく入れ替えることになりました。

船舶、オープンカー用のスクリーンを使用して入れ替えをしました。
ノーマルでは熱加工で溶着されていますが、ボンドと縫製で修理しました。

  ’65 キャデラック・デビル conv. 


リア・シート クッション修理

映画「アメリカン・グラフティ」に出てくるようなコンバーチブルのキャデラックのオーナー様からのご依頼です。
リアシートに座ると座面が落ち込んでしまうのと、ウレタンの粉が酷いので修理をして欲しいとのことです。
ウレタンは長年の経年劣化でビスケット状になっていて、クッションバネにくい込んでいました。
劣化したウレタンを使えるところまで千切り取ってから、補強ウレタン、ウレタンクッション、補強生地と貼り付けて成型しました。

座面の沈み込みも無くなり、表皮のレザーにも張りがでました。

 VW ゴルフ4

幌 Cピラー部穴あき修理

以前も作業したことのある幌の穴あきの修理依頼をいただきました。
穴の開いている部分を縫製するために幌後ろ半分を剥がしての作業になります。

予防として、反対側も同様の作業を行いました。

 メルセデス・ベンツ  Cクラス


ルーフライニング生地貼り替え

後ろ部分とサンバイザー部に剥れがありました。
酷くなる前に、修理をしておきたいということでご依頼いただきました。
天井を外してみると、サンルーフ開口部のフレームの接着も剥れています。
シーラーで接着後に生地の貼り替え作業に掛かります。

生地は純正のようなものがご用意できませんので、いつものUSA生地を使用しました。

大概、Cクラスはサンルーフシェードの生地の剥れが先に起きますが、この車両は貼り替え修理は終えていました。

 VW ゴルフⅡ カブリオレ


シートクリーニング、タバコ穴修理&
      グローブボックス フタ捲れ修理

フロントシート2脚のクリーニング依頼です。
シミ汚れと全体にくすんでいます。
片方のシートにはタバコ穴もありました。

表皮を剥がして、洗浄剤に1日漬け置きし、ブラシをかけて汚れを落としてから、洗濯機で仕上げ洗いをしました。

元の柄や細いストライプもハッキリと確認できるくらいに綺麗になりました。
同時に、ウレタンの補修、補強も行ないました。
しかし、タバコ穴の修理は思ったより綺麗には仕上がりませんでした。
ファブリックのリペアは非常に難しいです。

ですが、オーナー様にはOKをいただき、非常に喜んでいただきました。

 BMW Z3


幌 交換

久しぶりの幌交換の依頼をいただきました。
この車両は、幌が幌骨から剥れ、リアスクリーンのファスナーが外れ、サイドワイヤーも出てきていました。
このような状態であれば、幌自体を交換になります。
幌はお客様のほうでご用意いただきました。

幌リアフレームのボディーへの接着が強力で、取り剥がすのに大変でしたが、友人に助っ人をお願いして何とか交換完了です。

ちなみに新しい幌はスクリーン一体です。

 オペル アストラ・ワゴン


ルーフライニング貼り替え

天井の前側が落ちてきていました。
後ろならまだしも、これでは気になって運転がしにくいかもしれません。
いつものUSA製ではなく、国産の生地を使用しての貼り替えをしました。

 レンジローバー

運シート 修理

運シートの左側(外側)が下がっていて、外へ傾いた状態で運転をするような状態で、特に右カーブで体が安定しないので修理とクッションを少し硬くして欲しいとの依頼です。

シートをバラしてみると、外側のサイドサポート部ウレタンの裏が切れていました。
ウレタンを修正し、裏面に固めの生地を貼り、クッションバネの強化と左半分にクサビ型に作ったウレタンを挿入しました。

座面の傾き修正、硬さともオーナー様に確認をいただいて取り付けしました。

 BMW Z3


リアスクリーン交換

この作業は寒くなってくると増えてきます。
古いスクリーンはビニールじゃなくて、プラスチックのように硬くなっているので、幌をたたむときに簡単に割れるようです。

あまり見かけないホワイトボディはとても綺麗な状態でしたので、幌の状態も良くて、スクリーンの破れは非常に目立ちました。
この車両はロールバーが付いていたので、ロールバーとシートの取り外しをしなければ、狭くて作業ができません。

スクリーンも綺麗になってスカッとした感じになりました。

 いすず、日野 4t車


シート座面 ウレタン、破れ修理

運送屋さんからの修理依頼です。
どうしても、運転席の外側はこのような感じに
潰れてきます。
両シートとも、ウレタンの修繕、補強をし、表皮をレザーにて張替え修理をしました。
ノーマルのファブリック生地よりは長持ちすると思います。

毎日、運行するので、何日もシートをお預かりすることができない為、日程を調整して2日で仕上げるようにしました。
お急ぎの方にはできる限り調整いたします。

 VW ゴルフ 5


ルーフライニング貼り替え

まだまだ新しい部類のゴルフ5ですが、フロント・ルームランプ部の剥れが結構あるそうです。
Newビートルも同様のところが剥れてきますが、成型時に無理に引っ張られているのでしょうか?
この生地は剥がしやすく、ベタツキも少ないので古いスポンジ剥がしも楽チンです。
(その分、剥れやすいのかも・・・)

同じようなメッシュ地の生地を使用して貼り替えました。

 VW ゴルフ 4 カブリオレ

幌 穴あき修理

幌の上部と後ろ部の継ぎ目の左右Cピラー部分が口が開いているので修理依頼をいただきました。
当初は幌の交換を考えられていましたが、できるだけ工賃を安く上げたいという事で修理をすることになりました。
この部分はウェルダーによる溶着で継いでいて、この溶着がはずれて口が開いてくるということが時々あるらしいです。

ゴルフの幌は外幌、中わた、内張りの3層構造なので、幌の後ろ半分をバラしてから、先ずは、溶着部分を接着、手縫いで縫製、その部分を折り返して接着、テープシールを貼るという工程で修理しました。
仕上がりも綺麗に仕上がり、オーナー様にも喜んでいただきました。

  VW ゴルフ 4 カブリオレ


ドア・ハンドル ベタつき修繕

上記の車両のドアハンドルです。
あまり乗らないとは言いつつも、やはり、乗車時には気になって仕方が無いので、ついでにやっといてということで取り掛かりました。
洗剤とブラシでベタつきを洗浄後、コーティング塗装をしました。

 クライスラー ジープ・チェロキー


ルーフライニング貼り替え

チェロキーの天井貼り替えの依頼をいただきました。
スピーカー、ルームライトなど部品取り付け跡以外は見事に剥れていました。
生地を剥がして初めてこんな段差があったと確認しました。
いつものように、ボンドを下吹きして一晩乾かしてから新しい生地を貼り付けました。

 レカロ トレンド


座面サイド部分 張替え&ウレタン修理

AM19シリーズ トレンドの座面右側サイド部が擦れて毛羽立ちが酷くて生地も薄くなっているのと、左側は小さなタバコ穴、全体に表皮がダブついているのを修理依頼です。

当方、手持ちの純正ナルド生地に良く似た生地で張替え修理をしました。
ウレタンは破れを補修、裏面に生地を貼りこんで補強をして、ダブつきをなくす為に表面にウレタンを貼って、張りを出しました。

張り替えた生地の違いも気にならない程度との確認もいただき、納品しました。



 モーガン・プラス 8


運シート クッション強化

座面のクッションを硬めにして欲しいとのご依頼です。

以前に一度補強をしていたようですが、上面だけにウレタンなどを貼り込んでいました。
今回は表面と裏面に固めのクッションシートを貼り、座面の曲がりを抑えるようにしました。

硬さの確認をしていただき、取り付け、納品しました。

 アウディ A4


ルーフライニング貼り替え 

最近、徐々に増えてきたとの噂(ディーラー情報)のA4。
見事に落ちてきていました。
劣化したスポンジを除去した後にボンドを吹いて一日放置。
新しい生地を貼り、組み上げをして納車です。

 ブガッティ デ・ラ・シャペル


シートフレーム修理

前にシフトブーツの改造をした車両のシート修理の依頼です。
運転席の外側のサイドサポートが異様な形に歪んでいました。
バラしてみると、フレームが折れていましたので、溶接と板金で修正をして組み上げです。
ウレタンの変形も修正しました。

以前に手を入れていたようで、後ろ下部は手縫い仕上げでした。

 トヨタ スポーツ800


バケットシート座面ウレタン作成

非常に懐かしい通称「ヨタ8」のシート修理の依頼をいただきました。
メーカー純正アルミフレームのバケットシートです。
座面のオシリの位置のウレタンが剥がされていたのと、経年劣化でクッション性が無い状態でした。
硬めのウレタンで座面クッションを作成してノーマル表皮を被せて、納品しました。

今でも現役で週1のペースで乗られているそうです。
ボディ、エンジンルームも非常にきれいな車両でした。

 トラック シート


ウレタン補修、表皮破れ張替え修理

破れは横マチ部だけでしたが、ウレタンは結構ヘタリ、変形がありました。
張替え修理時に洗いにもかけましたので、形状ともに綺麗になりました。

 VW ゴルフ 3


ルーフライニング貼り替え

最近、ゴルフ3のライニングが落ちてきているという事例を良く聞いていました。
当方にもご依頼が入りました。
古い生地はオーナー様がきれいに剥がしていただいていて、随分時間が短縮できましたが、割れやすい素材だったのでグリップ取り付け穴部や角部などボンドを流して補修をしました。
ライニング生地の素材は違ってしまいますが、色の選択ができるのでカスタムをお考えの方にもお薦めです。

レンジローバー


ルーフライニング・サンルーフシェード張替え 

レンジローバーの1stモデルです。
リア天井にスピーカーが付いています。
新しいモデルよりもベースの強度が弱いようで角部が折れやすいです。
装着してしまえばわからなくなりますが、運ぶのには気をつけないと。
サンルーフシェードには、エクセーヌを貼りました。
ウレタンつきの生地を貼ると、厚みが出てしまい、シェードの開閉時に汚れが付くことがある為に薄い生地を使用しました。 

 トラック シート


座クッション ウレタン・表皮張替え修理

トラックなどキャビンが高い車両は滑り降りるように降りることが多い為、このような状態のシートが多いです。
酷くなってくると、座面の底が破れるなどして傾いた状態で運転をしていることも多いようです。
腰に負担がかかり、腰痛の原因ともなります。
早期の補修、補強などをお勧めいたします。

 BMW Z3


リアスクリーン交換・幌ファスナー修理

今回はスクリーンを取り付けているファスナーを縫製している糸が劣化で切れていました。
手縫いでファスナーを固定してからのスクリーン交換作業となりました。
どうしてもスクリーンと幌に隙間が開いてしまうので、シーラーで埋めることを了承していただきました。

スクリーンは コンバーチブル研究所 様からの取り寄せです。
震災後、早々に再開されて頑張っておられます。

 日産  バネット・トラック


シート 張替え修理

座面表皮のレザーの張替えとウレタンの破れの補修の依頼です。
ウレタンは全体的には目立った劣化はありませんでしたので、破れた部分を補修、補強して純正に良く似たレザーで張り替えました。

 スズキ CV1


リアスクリーン・ファスナー交換

原付カーのリアスクリーン交換作業の依頼です。
ファスナーの噛み合いも悪くなっていて、ファスナーを閉じても途中で口が開いています。
幌本体とファスナーを送っていただきました。

当方のミシンでは一度縫製をといてフレームを取り外してからの作業になりました。

取り付け後の画像も送っていただきました。
ありがとうございました。

 VW パサート


シート修理

本革シートのパンチング穴から粉が出てくるというシートの修理依頼を受けました。

ばらしてみると、シート表皮に使われているウレタンが劣化して粉状になっていました。
シートを叩くととめどなく粉が出てきます。
表皮の裏生地を切開して、ブラシと掃除機でウレタンをかき出して、新しいウレタンを貼り付けて修理しました。
Fシートはヒーター付なので少し手こずりましたが、クッションの張りも出て粉も出なくなりました。

画像にはありませんが、リアシートも同様の修理をしました。

 VW ビートル


ルーフライニング貼り替え

三重県からのご依頼で、天井を外して持ってきていただきました。
遠いところ、誠にありがとうございました。

前回のビートルと同じようなところが剥れて落ちてきていました。
センターの小物入れの周辺に無理があるようで、ここが必ず剥れています。
小物入れ周辺には入念にボンドを吹き付けました。
ライニングボード、新しい生地ともにボンドは下吹きを含めて、2~3回吹き付けます。

ダイハツ ハイゼット バン


運転席の座面外側の破れとウレタンの修理依頼をいただきました。
表皮は同系統の色で前面張替え、ウレタンは崩れていた部分を詰め物で埋めて補修、補強をして納品です。
生地の色はだいぶん白っぽいですが、了解をいただきました。

三菱 ジープ J58


リアスクリーンを交換した幌の装着画像を送っていただきました。
遠慮をせずに使わせていただきます。
別の画像でも後ろがはっきりと見えるようになっていました。
船舶&オープンカー用のスクリーンなんで、耐候性もバッチリです。

ありがとうございました。

三菱 ジープ J58


幌 リアスクリーン交換

社外品の幌(ベストップ製・パノラマトップ)のリアスクリーンが経年劣化で見えなくなってきたうえ、割れてしまったので修理の依頼をいただきました。
しかし、一枚ものの幌の状態で作業をするのは困難でしたので、リア部をいったん分離したうえでスクリーンの交換をしました。
再度、リア部を本体に縫い合わせて完成です。

モノが大きいんで縫製時の取り回しが大変でした。     

ローバー ミニ 40アニバーサリー


背もたれ編

シート表皮の底部の固定用プラスティックのフックが割れていましたので、ファスナーに取替えしました。
助手席も同様の修理をします。

さらに、手動ランバーサポートを組み込みました。
(←判りづらいですが、上がノーマル、下がエアが入った状態です)

座面編

運転時に体が安定しないということでウレタン修理の依頼をいただきました。
右サイド部のウレタンがフレームにくい込んで後ろ部とともに落ち込んでいました。
ウレタンの切れを修理、裏面全体に補強用の生地を貼り、一部をフレームに貼り付けウレタンがずれない様にしました。
座面の形、表皮の張りも戻り、乗り心地も安定して良くなったと連絡をいただきました。
バラしたついでにシートヒーターの組み込みもいたしました。
 

 BMW Z3


リアスクリーン交換

冬時期に多いリアスクリーン破れ。
幌をたたむときにパキッっと割れてしまったそうです。 (リアがビニールのオープンカーは気をつけましょう)
いつもお世話になっている コンバーチブル研究所 様からスクリーンを購入して交換をしました。
Z3は室内が狭いため、シートをずらして室内に潜りこみます。

VW Newビートル


ルーフライニング張替え

Newビートルも天井生地が落ちてきます。
この車両は天井の小物入れ部とグリップ部くらいで程度は良いほうだと思いますが、いざ生地を剥がしてみますと簡単にめくれていきました。
早かれ遅かれ、落ちてきましたね。
今回も米国製の生地を使用して、張り替えました。

   

 三菱 ミニキャブ・トラック


シート、ドア内張り 破れ修理

大分、酷使されていた車両のようで、乗り降りにより運転席の外側がウレタン、表皮ともに破れ、ドア内張りも左右ともに破れていました。
純正生地が入手できなかったので、相談の結果、似た色のビニールレザーで張り替えました。
同じように助手席の座面も張り替えました。
勿論、ウレタンの修理もおこなっています。

(助手席とドア内張りの画像を撮り忘れました)

 

 三菱 ミニキャブ・バン


シート補修・張替え・シートヒーター組み込み

運転席の座面のウレタンの破れの補修、裏面に補強生地を張り込み、お尻の当たる箇所にトランスネット(低反発ウレタン)を貼りました。
今までなら、1時間しないうちにお尻が落ち着かず、モゾモゾと動かしていましたが、背もたれの腰部の加工と相まって、運転が楽になりました。
シートヒーターは車のヒーターよりも早く暖かくなるので、お勧めです。
持病の腰痛も楽になっています。
助手席には座面にヒーターを組み込みました。

運送業や社用車のシートにいかがでしょうか?

レンジローバー


ルーフライニング張替え

天井生地の劣化で生地が剥れ落ちてきたので、
貼り替え修理のご依頼をいただきました。
前回同様、米国製の幅広生地を使用しました。

今回の車両は、サンルーフシェードも剥れていて同時に貼り替えました。
(詳細は下欄に)

 

 レンジローバー  


サンルーフシェードの生地貼り替え

サンルーフのシェードを取り外すにはサンルーフユニット本体を脱着しなければなりません。
勿論、脱着工賃が掛かりますので費用が高くなります。
今回は極力費用を抑えたいということでしたので、ユニットを付けたままで生地を剥がして、シェードに直接貼り付けました。
貼り替えた生地は在庫していたエクセーヌ生地を使用しています。

 

 BMW 5 シリーズ



ドア内張りの剥れ修理
およそ20年位前のE34型5シリーズです。

アームレスト部の内張りが外れていて、運転の邪魔になるということで、依頼されました。
一体成型で貼り付けられているウレタン表皮の接着がとれて、全体が縮んできてこのような状態になります。
同年代のベンツW124なども同じような状態のものが多いです。

内張りに隠れる部分を切開して、アームレスト部くらいまで剥がし、ヒーターを当てながら縮んだ表皮を伸ばしながら、ボンドで少しずつ貼り付けていきます。

アルファロメオ156V6 シフトノブ



純正の革が擦り切れて穴が開いてきたので、
同じく革で張替え。
ステッチを赤色にしてみました。

ロールス・ロイス シルバーシャドウⅢ



リアシート座面のクッション強化作業。
一番底のウレタンとスプリング部に補強を施工しました。
裏生地は手縫いであったり、スプリングの数など、古いR.R.は非常に手間が掛かってます。

レカロ AM19 スタイル



お決まりの座面のサイド部の破れ。
レカロ純正生地は入手不可能なので、よく似た生地で張り替えました。
生地の材質は違いますが、色、柄は良く
似ています。

フィアット パンダ



旧型パンダのシートクッション補修。
座面のウレタンの補修、補強をして、     
左右の座をクッション、上張り生地を
入替え
運転席のほうには、シートヒーターを組み込みました。

BMW Z3



幌交換作業。
リアスクリーンの破れ、幌全体も縮んでいて、劣化もひどかったので、コンバーチブル研究所 様から幌を購入。

この車両お決まりの電動シートのガタも
修繕しました。

BMW E36 



幌リアスクリーンの交換作業。
お客様が補修用リアスクリーンを購入(コンバーチブル研究所 様より)、ご自身で施工したのですが、幌自体が縮んでいて一筋縄ではいかず、ご依頼いただきました。
幌内装の後ろ側をバラシ、幌を後ろへ少し引っ張て、幌骨に再接着しました。

ブガッティ T57



1940年代? とにかく古い車両とのことです。
クッションの中綿がせんべい布団のようになっていました。
分解をして、ベース地とウレタンクッションの間に化繊綿を詰め込んで、座面底部に補強をしてから組み上げました。

 

 レンジローバー



天井生地が落ちてきたので貼り替え。
生地についている薄いスポンジが劣化してボロボロの粉状になって生地が外れてきます。
ヨーロッパ車に多い症状です。
このスポンジを取るのが大変でして、粉状とはいっても、粘度があってベタベタしています。
ワイヤーブラシや軍手を使ってきれいに取り除いてから、新しい生地(米国製)を貼りつけます。

ゴルフ 4 限定車



Fドアの内張りの生地剥がれの修理です。
1枚生地での成型貼りですが、上記の天井と同じように、中のスポンジが劣化すると、剥がれて浮いてきます。
同じく、劣化したスポンジを綺麗に取り除いてから、よく似た色の生地を貼りました。

この生地による1枚貼りは無理でしたので、縫製をしています。