大阪市 
自動車内装業  
PIVO  ピヴォ

張替え、修理、改造
 Tel/Fax    06-6659-0065
 pivo3421@zeus.eonet.ne.jp
 
  ホンダ グロム 125
 
 
 ウレタン盛加工&張替え 
 
   ドカティ MHR
 
 
 シートベース加工&フュージョン挿入
 
   ビモータ SB-6
 
 
 シート スエード生地張り
 
スズキ製エンジン搭載のビモータ SB-6 のウレタンシートへのスエード生地張りのご依頼をいただきました。
 
黒色パンチング・スエードを使用して、サイドの切り替え箇所に赤ダブルステッチ、リア・シート(お尻ストッパー?)の立ち上がり部に b マークの刺繍を入れて張り込みました。
 
  ホンダ フォルツァ 
 
 
 リアシート ウレタン盛、トランスネット
 挿入&張替え 
 
何故かリアシートだけ表皮がボロボロになってきたのとタンデム乗車される奥さまが乗り心地が悪いのでウレタン盛+トランスネット加工をして欲しいとのご依頼です。
 
ウレタンを2cmほど盛ってサイド部を削り込み、座り位置にトランスネットを挿入、黒レザーで張替えをしました。
 
  ホンダ R&P
 
 
 シート張替
 
懐かしいR&Pのシート張替のご依頼をいただきました。
 
表皮を剥がす時に鉄製ベースフレームのツメが数か所折れてしまいましたが、錆での腐りなども無く、しっかりとしていましたので、ボンドで貼り付けして張り込みました。
 
   ランブレッタ LN125
 
 
 シート ローダウン加工
 
イタリアンスクーターのランブレッタのシートローダウン加工のご依頼です。
 
乗車位置廻りを2cmほど低く、サイドを削って脚が下ろしやすくなるようにしました。
 
  ホンダ X11
 
 
 シート ローダウン加工 
 
結構シート幅があり、ガニ股に脚を下ろした格好になり停車時に安定しないので、ローダウン加工のご依頼をいただきました。
 
座面部分はウレタンの厚みがあったので、3cm強ほど、サイドのウレタンは絞り込んだ形状に削りました。
ベースの角が脚を下ろしたときに太腿に当たる感じが有りましたので、対処にフュージョンを貼りつけました。
 
  KTM 1190R アドベンチャー
 
 
 シート ローダウン加工
 
車体が大きくて脚付きが悪いのでローダウン加工のご依頼をいただきました。
 
ノーマル表皮を再使用するのと、シートベースの形状などから2cm弱ほど削り、サイド部も限界まで絞り込みました。
 
ノーマルから底付き対策で座面裏にフュージョンが貼られていましたが、トランスネットも加えて貼りつけました。
 
脚付きは爪先立ちから指付け根辺りで支えれるようになり安心感が増したとのことでした。
 
  ハーレー カスタム車両
 
 
 シート ウレタン盛加工 
 
数百万円のフルカスタムされた車両を購入されたのですが、シートが薄すぎてお尻が痛くなるということでウレタン盛加工のご依頼をいただきました。
 
3cm程ウレタンを貼り付け、タンクからのラインが極端に変わらないように削りました。
ポジションも前めになる様に立ち上がり部にもウレタン盛をしました。
 
黒レザーを張り込んで納品しました。
 
   ホンダ VT250
 
 
 ウレタン加工&張替え
 
シートを段付き形状に加工して、タックロールでの張り替えをしてほしいとのご依頼をいただきました。
 
サンプルの画像を送っていただき、F座面を3cm強、R座面を2cm程削り、ベルト位置の凹みを埋めて成形しました。
オフホワイト色のレザーで5cm幅のタックロールで張り替えました。
ベルトも画像に合わせて位置を変えて取付しました。
 
   マリンジェット(機種不明)
 
 
 座面破れ張替え修理
 
メーカー、モデル名を聞き忘れてしまいましたが、Fシート部の破れの張替え修理のご依頼です。
 
座面部だけとのご依頼でしたが、前マチ部も所々破れていたので同時に修理しました。
 
ウレタンが大量に水を含んで重たかったのですが、1週間ほど陰干しをしたら幾分か軽くなりました。
 
  ヤマハ シグナスX
 
 
 ウレタン成形&張替え
 
ご自分でローダウンをしようと表皮前部を切り、ウレタン加工を試みたのですが、挫折され当方にご依頼をいただきました。
 
前部のウレタンは切り落とし、新しく成形をしてからローダウン加工に掛かりました。
出来るだけ低くとのご希望でしたので、約5cmほど低く削り、ベースのメットインの逃げ部の底付き軽減の為にトランスネットを貼り付けました。
 
表皮は黒滑り止めレザー×ダークグレーレザーをしようして、段付き部に引っ張りを付けています。
 
 
   スズキ グラストラッカー
 
 
 シートウレタン加工&張替え
 
バイクのカスタムの仕上げにシート形状変更とタックロールでの張り替えのご依頼をいただきました。
 
イメージする画像をいただき、オーナー様と相談しながらシートの形状を決めていきました。
F座面を2cm弱削りR部を3cm程ウレタン盛加工をしました。
表皮はF部を縦方向のタックロールで、R部との繋ぎ部分をパイピングで仕上げました。
 
   スズキ スカイウェイヴ
 
 
 シート表皮 張り替え
 
表皮に破れのあるスペアシートを張替えして欲しいとのご依頼です。
サイド部を少し削り、R座面のウレタンも補修してF部を黒パンチング柄、R部をダークグレーのレザーでつなぎ部をパイピングで張替えしました。
 
  BMW R1200GS 
 
 
 Fシート ローダウン&トランスネット挿入加工
 
乗ったままのバック時での脚付きに少し不安がある為、ローダウンとトランスネットの挿入加工のご依頼をいただきました。
 
低くしたのは1cm強程ですが、サイド部も削り脚を下しやすい形状にしました。
 
   BMW R1200RS
 
 
 Fシート ウレタン盛、ヒーター組み込み&張替え
 
ノーマルシートではクッションが薄すぎるので、ウレタン盛加工とシートヒータ組み込み、表皮張替えのご依頼をいただきました。
 
ウレタン盛は3cm程アップして、サイド部の角を削り落とし、黒色の滑り止めレザーで張り替えしました。
 
   ホンダ CB1100
 
 
 K&H FRP製シート ローダウン加工 
 
脚の疲れの解消の為、K&H製ハイシートに替えられたのですが、脚付きが悪くなってしまったのでローダウン加工のご依頼をいただきました。
 
1cm強ほど座面を下げて、サイド部を削り込みました。
 
このシートはFRPベース、ウレタンもしっかりと造られており、表皮も縫製裏側に防水処理、生地端も縁ゴムで押さえるなどと非常に手を掛けて作られていました。
 
  ヤマハ ジョグ&ジョグ・アプリオ
 
 ウレタン修正、張り替え 
 
長い間放置されていたスクーターを再生して乗るためにシートの張り替え依頼をいただきました。
 
ウレタン表面も硬化、陥没があったので、一枚皮を剥ぐように数mm削りました。
 
アプリオは黒色平織りカーボン柄で、ジョグは赤色綾目カーボン柄レザーで張替えました。
 
     BMW F800GS
 
 
 シート ローダウン加工
 
脚付き向上のため、ローダウン加工のご依頼をいただきました。
 
2cmほど低く、サイド部の角も削り落して脚を下ろしやすいような形状に加工しました。
 
ウレタン裏の肉抜き部分にも半丸形状のウレタンを貼りつけ、底付き感が出ないようにしました。
 
     ホンダ CB1000 スーパーフォア
 
 
 表皮張替え
 
ローダウン加工されたシートの表皮が経年劣化で縮み、リア部がめくれてきたので張り替えのご依頼をいただきました。
 
滑り止めレザーを座面に使い、赤パイピングで仕上げました。
 
   BMW R1200RS
 
 
 ヒーター組み込み、ウレタン盛、張り替え
 
F,Rシート共にウレタン盛とヒーター組み込み&張り替えのご依頼をいただきました。
 
ウレタン盛加工は3cmほど高くなるように加工し、ダークグレーのレザーで張替えしました。
 
   BMW F800ST
 
 
  ハイシート ウレタン加工&張替え
 
本国仕様のハイシートをF,R座面は滑り止めレザー、Rサイドにはカーボン柄レザーで張替え、ダークシルバー色のステッチで仕上げしました。
 
サイド部の角を丸め、絞り込んだ形状に削り、1cm弱低くしていますので、脚付きは日本仕様シートとあまり変わりませんでした。
 
  ヤマハ XV1900CU
 
 
 バックレスト・パッド 作成
 
フレームは純正の在庫が有るですが、パッドが生産中止になった(?)ということで新規作成のご依頼をいただきました。
 
現物が無いので、検索した画像からの作成になりました。
ベースは3mm厚のFRP板から切り出し、ウェルナットを埋め込んでフレームに固定するようにしました。
クッションは真ん中が少し凹む様な形状にして黒レザーを張り込みました。
  
 
   ホンダ CB223S
 
 
 R部ウレタン盛加工&張り替え
 
ご希望のカスタムシートの画像を送っていただき、作成可能かお問い合わせをいただきました。
 
F部のストッパー兼用でR部を3cmほどウレタンを盛り、R部を凹み形状に切削しました。
表皮は黒レザーのタックロールでサイドをパイピングで仕上げました。
 
 
  ホンダ XR230 
 
 
 シート表皮張替え
 
ボディを全塗装するのに合わせて、破れがあるシートも張り替えを検討され、レザーサンプルからグレー色のパンチング柄をご希望いただき、サイド部はノーマルレザーとの切り替えで張り替えしました。
 
ウレタンの防水フィルム貼り、縫製部の防水処理を施しています。
 
  ヤマハ V-max 
 
 コルビン・シート ローダウン加工
 表皮張替え 
 
V-max のノーマルシートは前後分割型なのですが、コルビンシートは一体もので造られていて、ベースのFRP、ウレタンも分厚くてとても重たいシートになっています。
横幅も広く、角も起っていますので、脚付きが悪くて停車時に不安なので、ローダウン加工のご依頼をいただきました。
 
3cm弱程低く、サイド部も削り落して脚付きはすごく良くなったとご感想をいただきました。
座った時に底付き感がでない様にトランスネットを挿入しています。
 
表皮も所々破れがありましたので、カーボン柄レザーとノーマルレザーのコンビで張替えました。
 
給油口への穴も狭いので、少し大きく削り込んで手が入りやすいようにしています。
 
 
   スズキ GSX400 カタナ
 
 R部ウレタン盛加工&張替え
 
角打ちをしてしまって、R部の端が破れてしまったので張替えのご依頼をいただき、前から気になっていたというリアエンド部の跳ね上がりを無くしたいとウレタン盛の加工もしました。
 
濃紺と濃グレー色のコンビで張替え、タンデムベルトも前回と同様のボタン打ちも施しました。
 
   カワサキ 250TR
 
 シートウレタン加工&張替え
 
オーナー様自らでノーマルから2枚目の画像まで加工したシートと、張替え参考の画像もご用意されてのご依頼です。
 
しかし、凸凹が結構ありましたので、スムーズになるまでウレタン盛&切削をしました。
 
ダイヤ型ステッチの大きさや位置などを相談して、拘りのデザインで表皮を作成、張替しました。
 
カスタムされたバイクにも合っていて、イメージ通りだったと満足していただきました。
 
   ヤマハ TX650
 
 シート作成
 
ノーマルシートの幅が広く、少しスリムな感じにしたくて、オーナー様がシートベースをFRPで作成されたものに、シートウレタンと表皮の作成をご依頼いただきました。
 
チップウレタンでベースを作り、3cmと1cmのウレタンでご希望の形状に切削加工しました。
タックロール・ステッチでサイドと前にパイピングを入れて張替えしました。
 
   ヤマハ RZ250
 
 
 表皮張替え
 
レストアしているRZのシート張替のご依頼です。
 
表皮の破れからウレタンも凹んでいましたので少し削り込み、茶×黒のレザーでタックロール・ステッチで張替えました。
 
  富士 ラビット・ツーリング
 
 
 シートウレタン&表皮 作成 
 
ラビットを数台所有しているオーナー様からのご依頼です。
 
表皮、シートベースともにボロボロの状態でした。
ベースのサビ穴を板金溶接をしてもらってから、サビ止め塗料を表裏に刷毛塗りしました。
 
シートの厚みを薄く作ってほしいとのご要望で2,5cmの硬質チップウレタンをベースに成形、表皮&ベルトを作成して納品しました。
 
   カワサキ ゼファー1100
 
 
 ウレタン改&張替え
 
カスタムで他のタンクに乗せ換えたのを機に、シートもカスタム。
先端部をタンクにかぶさるような形にして、タックロールで張替えをしたいとのご依頼です。
 
突き出し量や形状を参考バイクの画像を送っていただいたり何度か相談し、ウレタンを盛り、削り出しました。
表皮も茶色のレザーに変更して張り替えました。
 
できるだけ先端部が反り返らないように張り込みました。
 
  スズキ GSX400 カタナ
 
 
 ウレタン盛、ゲルザブ挿入&張替え
 
以前にもシート加工のご依頼をいただいたオーナー様から、カタナ1100をイメージにスペアシートとして持っていたローダウンシートを3cmほどウレタンを盛り、ご用意いただいたゲルザブを組み込んで欲しいとのご依頼をいただきました。
また、Fシート長を1cmほど狭くもしています。
 
表皮は滑り止め黒レザーと薄いグレーのレザーで張り替えました。
 
 
 
   BMW K1200RS
 
 
 シートヒーター組み込み&表皮張替え
 
新車のK1200RSのシート前後にシートヒーターの組み込みのご依頼をいただきました。
 
Fシートはお聞きした乗車ポジションの場所に、防水処理を施してから濃グレーのレザーで張替えしました。
 
  ホンダ ジェイド 250
 
 
 シート ローダウン加工 
 
もう少し、脚付きを良くしたいということでローダウン加工のご依頼をいただきました。
 
2cmほど低く、サイド部の角落として絞り込むように削りました。
 
   スズキ GSX 250 カタナ
 
 
 シート表皮 張替え
 
長い間放置していたバイクをレストアすることになり、シートの張り替えをご依頼いただきました。
仕事の合い間にコツコツとエンジンを復活させ、ボディ廻りに手を入れていくのと、テスト乗車時に気持ちよく乗りたいとのことでした。
 
表皮はパリパリに硬化、タンデム・ベルトのボルトもサビ付いて折れてしまいました。
 
赤とシルバーのレザーで張替え。
タンデム・ベルトもシルバーのレザー×赤ステッチで仕上げました。(画像は撮り忘れました)
 
 
 
   スズキ スカイウェイブ CP52A
 
 
 シート ローダウン加工
 
以前にもスカイウェイブのローダウン加工をさせていただいたオーナー様から新車に乗り替えに合わせて、同じくローダウン加工のご依頼をいただきました。
 
乗車ポジションである前部を2cm程低く、サイド部もできるだけ削り込んで、脚付きを良くしました。
 
純正ヒーター付きのシートでしたが、ノーマルと同じ様にセンサーなどの溝加工をしています。
 
   カワサキ W800
 
 
 シート張替
 
外品シングルシートの張替えのご依頼をいただきました。
 
シートの前を5cmほどカット加工されていて、その部分の仕上げとパイピングを無くして黒一色で張替えて欲しいとのご依頼でした。
 
 
  ホンダ GB250 クラブマン
 
 
 ブルックランズ シート張替 
 
表皮に小さな穴が開いてしまったのを機に、張替えのご依頼をいただきました。
 
色替えなども検討されましたが、シンプルに黒に決定。 
アクセントに赤色のパイピングを入れました。
R部は3分割でしたが、ご希望の1枚張りで仕上げました。
 
  ホンダ CB750F
 
 
 シートローダウン加工&張替え
 
F・スペンサーがアメリカのレースで乗っていた懐かしの CB750F のシート・ローダウン加工のご依頼をいただきました。
シート表面のウェルダーの型押し部分が割れていましたので、張替えもご依頼です。
 
F部を3cm程低くして、サイド部も絞り込みました。
F部はパンチング柄、R部はノーマルのレザーで張替えました。 
 
   BMW F800ST
 
 
 シートヒーター組み込み&張替え
 
座面に1cmほどの穴があるので、張替えとヒーターの組み込み作業もご注文いただきました。
 
一体成型のノーマル表皮をウレタンから剥がして、少し表面をならしてからヒーターを貼り付け、表皮の張り替えをしました。
レザーは滑り止めレザーとサイド部に青色でアクセントを入れました。
 
   ヤマハ DT125R
 
 ウレタン修理&表皮張替え
 
後部の表皮の破れ、ウレタンが欠損したシートの張替えのご依頼をいただきました。
 
ウレタンの補充、切削成形をして滑り止めレザーを使用して張替えをして納品しました。
 
 
   スズキ バンディッド 1250F
 
 
 シート表皮張替え&ヒーター組込み  
 
知りませんでした。 バンディットに1250ccの大型モデルがあることを。
 
シートヒーターの組み込みと表皮張替えのご依頼をいただきました。
張替え生地はノンスリップ・レザーを使用しました。
この生地は伸びが悪いので、サイドに切り替えの縫製をしての張替えになっています。
 
後日、取り付け後のバイク画像を送っていただきました。
 
ありがとうございました。
 
  KTM 525 EXC
 
 
 ローダウン、トランスネット加工&
 表皮張替え 
 
脚付きの悪さとR部の段付き形状へのデザイン変更も兼ねてのローダウン加工と、お尻が痛くなるのを軽減するためにトランスネットの挿入のご依頼をいただきました。
 
シート形状が変わってしまう為、表皮もKTMカラーに合わせて張替えすることになりました。
 
F座面は滑り止めレザー、R部はカーボン柄レザーで、アクセントにサイド部にオレンジレザーで仕上げました。
 
シート装着後の画像を送っていただきました。
ありがとうございました。
 
   ヤマハ XVS1300A
 
 
 ローダウン加工
 
アメリカン・タイプのバイクはシート高は低いのですが、幅広のものが多いので、脚がガニ股になってしまうので脚付きは思ったよりも悪く、踏ん張りが効かない感じになってしまします。
このバイクのオーナー様も身長が低くて、重量級の車両なので不安感があるということでローダウン加工をご依頼をいただきました。
 
着座面を2cm程低くして、サイド部をできるだけ削って脚を出しやすいような形状に加工しました。
 
  ホンダ CB750 カスタム・エクスクルーシブ
 
 
 トランス・ネット挿入
 
こちらも'80sバイクで希少なCB750のアメリカンタイプの車両です。
経年劣化によるレザーの硬化などで乗り心地が悪くてもう少しクッション感がほしいというご依頼をいただきました。
 
タンデム走行が多いとのことで、前後に10mm厚のトランスネットを前後に挿入することにさせていただきました。
 
シート下部のアルミ・モールの脱着時に固定ピンの破損が気掛かりでしたが、何とか折れずに再使用できました。
 
この頃のシートウレタンは分厚く、充填量も多いみたいでズッシリとした重量感があります。
 
   カワサキ AR80
 
 
 シート表皮張替え
 
オーナー様自身でフレームまで分解、整備ペイントまでされたフルレストア '80sバイクの AR80 です。
シート・ウレタンのローダウン加工もされており、新しく表皮を作成して欲しいとのご依頼をいただきました。
 
ご希望のとおりに、座面はタック・ロールに、R部マチにパイピングのデザインで作成いたしました。
 
自作Rカウル、セパハン、Fスタビなど非常に拘った仕上がりのバイクでした。
 
   ベネリ アディバ 200 3wheel
 
 シート・ローダウン加工&ヒーター組み込み
 
ピアジッオ MP3 などと同機構のフロントダブルタイヤの 屋根付き3輪車 アディバ のシート・ローダウン加工とヒーター組み込みのご依頼をいただきました。
 
F先端部とサイド部のウレタンの肉厚が薄かったので、座面は2cmほど、サイドはエッジを無くしてスムーズなラインになるように削りました。
ヒーター組み込み、防水処理をして納品いたしました。
 
後日、当方まで寄っていただきバイクの画像を撮らせていただきました。
ラゲッジスペースのバッテリーケースにヒーターのスイッチを取り付けされています。  
ありがとうございました。
 
   ドカティ ST2
 
 
 ウレタン盛り加工&表皮張り替え
 
中古車で購入したのですが、表皮に猫の爪痕?のような小さな穴がポツポツとあり、ローダウン加工もされており、ポジションがシックリこないということで張替え&ウレタン盛りのご依頼です。
 
脚付きは良いので1,5cm程座座面を上げる程度で、ポジションをやや後ろめに下がるように加工、シルバーの車体に合わせて濃茶のレザーで張替えしました。
 
   ヤマハ SR (ペイトンプレイス)
 
 
 シートベース修正&表皮貼り替え
 
ペイトンプレイス製のシートの表皮張替えのご依頼をいただきました。
少し柔らかめのレザーを使用して張替えしました。
 
前オーナーが加工したリア部がウレタンを貼っただけでしたので、裏からグラスファイバーを貼ってシッカリするように加工しました。
 
   ヤマハ マリンジェット
     FXクルーザー SHO
 
 
 表皮張替&ウレタン補修
 
マリンジェットのシートが破れてきたのとFシートの後ろ側が変形していたのも有り、張替のご依頼をいただきました。
ビッグスクーターのシートより大きく重量もあります。
 
ウレタンに水を大量に含んでいた為、1週間近く乾燥させてから作業です。
ウレタンはFシートの後ろにも乗っていたようで(3人乗りモデルだそうです)ベースの端に干渉してちぎれていました。
無くなっている部分にウレタンを詰めて成形、白/赤の平織りカーボン柄レザーで張替しました。
 
   ヤマハ グランド・マジェスティ400
 
 
 シートヒーター組み込み&表皮張替
 
中古のスペアのシートを購入され、冬に備えてシートヒーター組み込み&表皮の張替のご依頼をいただきました。
 
ノーマルと同じように滑り止め柄のレザーを使用しています。
縫製無しの一枚張りは結構難しい作業でした。
 
   ハーレー・ダビッドソン 883R
 
 
 シートウレタン加工
 
通常の乗車位置だとハンドルが遠いのでバックレスト部分を前に出すのと、前にご自身でローダウンもしたのですが表面がガタガタなのとサイド部が引っかかるのでそれも何とかして欲しいとのご依頼です。
 
バックレスト部に2cmほどウレタンを盛り付けて成形切削、サイド、座面もスムーズになるように削りました。
 
   ハーレー・ダビッドソン
 
 
 Rバックレスト 改造&張替
 
ハーレーの純正オプションのバックレストをクッションを大きくしてシートに合わせて茶色に張替のご依頼です。
 
ベース板を切り取り、延長加工してウレタンも形状を少し変更して新しく作成しました。
表皮は茶色のレザーにベージュのステッチで仕上げました。
 
   BMW F800ST 
 
 
 R部シートヒーター組み込み&表皮張替
 
ノーマル表皮に少し破れがあり、張替作業のついでにリア部にヒーターの組み込みのご依頼をいただきました。
 
ノーマル表皮は一体成型ものなので、できるだけウレタンが綺麗な状態に剥がしていきます。
ヒーター組み込み、防水処理をして滑り止めレザーを使って張替ました。
 
 
 
   ヤマハ ジェットスキー MJ-FX
 
 
 表皮破れ 修理
 
ジェットスキーのシートの破れ修理のご依頼をいただきました。
ビッグスクーターのシートくらいの大きさですが、これに加えて3rdシートもあるそうです。
 
フロントとリアの段差の縫製部が切れていました。(これもビッグスクーターと同様?)
フレーム裏へ引っ張られ、かつ、海水に濡れますのでレザーの劣化は早そうです。
 
引っ張りのベルトを長くして破れた箇所を縫い込みをする修理をしました。
防水のビニールも中途半端な状態だったので、新しくビニールを全体に貼り付け防水処理をしました。
 
 
 
 
 
   ホンダ NC700X
 
 
 シート ローダウン加工
 
以前の作業事例とは逆の脚付きを良くするためのローダウン加工のご依頼です。
 
乗車ポジションをお聞きして、前立ち上がり付近を2cmほど低くしてサイド部の角が無くなるように削りました。
 
 
  ホンダ シルバーウィング400
 
 
 ローダウン加工&シートヒーター組み込み
 
四国のディーラー様からのご依頼で女性の方が乗られるということでできるだけ低くしてほしいとのことです。
乗車ポジションをお聞きした前部を重点的に低くして(画像の赤斜線部)サイド部を絞り込むよう(黒斜線部)に削り込みました。
シートヒーターの組み込み、動作の確認&防水処理をしてノーマル表皮を再張り込みをして納品いたしました。
 
 
 
  ホンダ VFR1200
 
 
 ローダウン加工&シートヒーター組み込み
 
ホンダの逆輸入車 VFR1200シート へのヒーター組み込みとローダウン加工のご依頼をいただきました。
2cm強ほど低くしてサイド部にある角部が無くなるように削りました。
シートヒーターを組み込み、動作確認、防水処理のうえノーマル表皮を張り込んでの納品となりました。
 
 
 
 
  ジレラ ランナー50
 
 
 シート表皮 張替 
 
いまでも人気のある、2stランナーのシート張替のご依頼をいただきました。
ノーマルのデザインとは異なりますが、オーナー様と相談をして、滑り止めレザー、赤、黒のレザーを使用して張り替えました。
 
   アプリリア アトランティス200
 
 
 シート ローダウン加工
 
アプリリアのビッグスクーター アトランティス のシートローダウン加工のご依頼です。
ヨーロッパ製のスクーターは総じてシート高が高いので脚付きは悪いです。
 
いつも乗っているポジションの形状がせり上がっている所なので、この部分を3cm弱程削り、座面後部に向けてなだらかになるように削っています。
表皮を再使用して張り込み、納品しました。
 
   スズキ GSX400S カタナ
 
 
 シート表皮 再張替
 
前回張替をした青色レザーが派手すぎたのでもう少し色を抑えたいとのことで再張替のご依頼をいただきました。
 
ノーマル表皮の色に近い紺色エクセーヌを使用して張り替えました。
同時にウレタンも少し削っています。
 
   ヤマハ FZ6
 
 
 シートヒーター組み込み
 
やはり寒い季節になると多くなってくる 「シートヒーター組み込み」のご依頼です。
ヒーター、薄ウレタン、防水フィルムを張り付けて、ヒーターの動作確認をしての納品となりました。
 
 
 
   BMW F800GS
 
 
 ローダウン加工&シートヒーター組み込み
 
新車を購入されたのですが脚付きが爪先立ち状態なので、ローダウンの加工と表皮を剥がしたついでに、シートヒーターの組込みのご依頼です。
 
座面前方がせり上がっている形状なので、座面のフラット部を前に伸ばして、サイド部も削り込みました。
 
このシートはウレタンの裏面のセンター部が丸く抉られているので、ローダウン時にはその部分にウレタンを埋め込みが必要になります。
 
   スズキ スカイウェイヴ  CJ45A
 
 
 シートヒーター組み込み
 
同シートを2台分持っているということで、使用頻度の少ない方に前後席へのシートヒーターの組み込みをご依頼いただきました。
 
余り使っていないというのはウレタンの状態が新車時と変わらないくらいシッカリしていたことでもわかりました。
 
 
冬場でもヒーターOff時とOn時の温度差は20度近くありますので、体感は結構な暖かさになります。
 
 
 
  ヤマハ FJR
 
 
 シートヒーター組み込み&表皮張替 
 
以前から良くご依頼いただく FJR シートへのヒーター組み込みです。
 
シート表皮も切れていた為、同時に張替作業もご依頼いただきました。
ノーマルと同じ様なディンプル柄のレザーを座面に使っての張替をしました。
 
   スズキ GSX400S カタナ
 
 
 表皮張替 ウレタン加工&トランスネット
 装入
 
以前に張替とローダウン加工をされたシートですが、前下がりでライディング中に良いポジションがとれないということで、後部を1cmほど削ってフラットになるようにして、トランス・ネットの挿入をいたしました。
また、後ろ席も乗車位置を凹型に削り、サイドの丸みを消すように加工しました。
 
表皮は現在の切り替えパターンと同じデザインでの張替をいたしました。
 
   ホンダ リード110
 
 
 シート ローダウン加工
 
小柄な女性の方がオーナー様で少しでも脚付きを良くしたいということで、ローダウン加工のご依頼をいただきました。
シートの前方に乗られる位置を重点に2cmほど低くし、サイド部にある角を無くすように削っていきました。
これくらいの角があるだけでも脚の出し具合が変わってきますので、削り落す効果はあります。
 
 
   ドカティ パンタ
 
 
 改造シート レザー張り
 
オーナー様がシングルシート型に改造されたシート・クッションへのレザー張りのご依頼です。
 
ダブルシートもベースからFRPで成形、クッションも作成されたワンオフ物で取り付けなども綺麗に作られていました。
 
徐々に仕上げていかれるそうで、出来上がりが楽しみです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   BMW HP2 エンデューロ
 
 
 ウレタン加工&トランスネット挿入
 
BMWの限定車 HP2エンデューロ のシート加工のご依頼をいただきました。
 
座面の丸みが嫌なのでフラットに削って、少し幅を広げて欲しいとのご希望でした。
高さも2cm程低くして、トランスネットの挿入(画像を撮り忘れました)を行い、後端が破れていたので上面をノーマルより薄い青色の滑り止めレザーで張り替えました。
 
  ホンダ TL125
 
 
 ウレタン加工、トランスネット挿入&
 表皮張替え
 
購入されたときからシートが改造されていたのと前下がりがきつくて、乗っているとシートの細い箇所にずれてきてお尻が痛くなるということで、前下がりの解消、シート幅の拡大、トランスネットの挿入のご依頼をいただきました。
 
前部を3cmほど高く、幅はシートフレーム幅いっぱいになるようにウレタン加工をしました。
 
表皮はノーマルのサイド部にネームが入っていることもあり、そのまま使用して欲しいとのご希望でした。
 
 
 
   ホンダ  FTR
 
 表皮張替え
 
車両のオールペイントを考えておられる女性オーナー様が表皮が破れているのと硬化して乗り心地が悪くなってきたので、先に張替えを決断されました。
 
赤色フレームに合わせて、サイド部とタンデムベルトを赤に前席は平織り柄のレザーで張り替えました。
 
  トライアンフ スプリントST
 
 
 シート ローダウン加工
 
当初は張替えも検討されていましたが、ノーマル表皮を再使用できるくらいの削り量にして具合を見てみましょうということで、ローダウン加工をいたしました。
 
およそ2cmほど低くしてサイド部を思い切って削りこみました。
オーナー様が気に入らなかった段付き下部の張りも削り、見た目がスムーズになりました。
 
  ヤマハ  セロー
 
 表皮張替え&ウレタン削り 
 
破れ、硬化で結構酷い状態でしたが、ご自分で修理などをしながら騙し騙し乗っていたそうですが、限界を感じられて張替えのご依頼をいただきました。
 
ウレタン表面にも風化による凹みや削れなどがありましたので、少し削って成形してから滑り止めレザーを使用しての張替えをいたしました。
 
   ホンダ NC700X DCT
 
 シート 形状加工
 
身体の大きな方で、シートの後めに座るポジションなのですが、前側に滑ってきてしまって痛みが出てくるということで、座面をフラットに加工してお尻がずれてこない様にして欲しいとのご依頼です。
後部を1cmほど削り込む加工をしました。
 
お尻のずれも無くなっていい感じになったとの感想をいただきました。
 
   ヤマハ MT-01
 
 
 シート ローダウン加工 
 
以前にも作業しました MT-01 のローダウン加工のご依頼をいただきました。
できるだけ低くとのことでしたが、座面ウレタンが案外薄くて2cm強の加工になりました。
乗車位置の前めを加工し、同じくサイド部も削りこんでいますので、脚付きは良くなったと思います。
 
   ベスパ 200
 
 
 表皮張替え
 
今までも何台か張替えましたが、どれも同じような箇所が破れていました。
表皮が硬化してくるとウェルダー加工の薄い部分が破れてくる感じです。
 
座面の型押しは無しですが、サイド部は縫製で表現しています。
 
 
  ヤマハ T-Max (新型)
 
 
 シートヒーター組み込み
 
新型T-Max に前後シートヒーター組み込みのご依頼です。
新型は後ろヒンジで開きますので、後部にある穴から配線を出しました。
 
オーナー様とも話していましたが、このシートはローダウンやサイド部の削り代が無いようです。
 
 
   スズキ Vストローム
 
 
 シートヒーター組み込み&ローダウン加工
 
以前に別のバイクにヒーター組み込みをさせていただいた方から新しく購入されたバイクにも組み込みの依頼をいただきました。
 
実車に跨らせていただいて干渉が大きかった、サイド部の丸みを直線的に削り、ローダウンは1cmほど低くしています。
あまり深く削ることができない感じのシートでした。
 
   ハーレー・ダビッドソン ソフテイル
 
 
 シートヒーター組み込み
 
以前にもヒーター組み込みをさせていただいたオーナー様から再度ご依頼をいただきました。
 
このシートは背もたれがリベット固定されていたので、前半分を剥がして組み込みをしました。
 
   トライアンフ・ボンネビル T120
 
 
 トランスネット挿入&表皮張替え
 
シートが硬くて乗っているとお尻が痛くなってくるので、ウレタンの加工と表皮張替えをしてほしいとのご依頼です。
 
’61年式のバイクということもあってか、表皮はだいぶ硬化していました。
対して、ウレタンは劣化もなく、いい状態だったので、オーナー様のご希望されていた座面のフラット化をして、トランスネットを挿入する方向で作業しました。
薄いウレタン、防水のビニールフィルムを貼り、ノーマルより軟らかめのレザーで張り替えました。
 
 
    BMW K1300S
 
 
 ローダウン&ヒーター組み込み&表皮張替え
 
シートヒーターの組み込み作業とローダウン加工のご依頼です。
1cm強座面を削り、サイド部の角も丸めました。
ヒーターは前後座面への装着です。
 
このノーマルシート表皮は貼り付け成形品でローダウン加工をすると再利用ができないので、同じような滑り止め加工の型押しのあるレザーで張り替えました。
 
ローダウンもヒーターもとても具合が良いとの連絡もいただきました。
 
 
 
   カワサキ KLX 250
 
 
 シートウレタン盛&表皮張替
 
背の高い方が乗られるということで、座面部ウレタンのアンコ盛のご依頼をいただきました。
 
約5cmほどかさ上げ加工をして、パンチング柄レザーにて表皮の張替も行ないました。
 
   スズキ スカイウェイブ 250
 
 
 シートヒーター組込み(前後)
 
スカイウェイブ・シートへのヒーター組込みです。
前後2枚のご依頼をいただきました。
 
配線は前後分出していますので、配線の仕方で同時ONや前後独立にもできます。
 
   カワサキ ZRX400
 
 
 シート張替え&ウレタン修正
 
表皮が破れてしまったので張替えのご依頼をいただきました。
しかし、前オーナーがウレタンをえぐり取って、そのまま表皮をかぶせた状態だったのでウレタンを埋め、成形してからパンチング柄レザーで張替えをしました。
ベルトも新調しました。
 
 
 
   ヤマハ XT660X
 
 
 シート ローダウン加工
 
少しでもいいので、ローダウンをしてほしいとのご依頼をいただきました。
フロント部のみ2cm弱低く、サイド部も削りました。
 
フロント全部の立ち上がりとのラインが通るようにするにはこれくらいが限度としました。
それでも、足つきはすごく良くなったとの感想をいただきました。
 
  ヤマハ FJR1300
 
 
 シートヒーター組み込み  
 
オーナーズクラブ繋がりで2脚続けて関東のオーナー様からご依頼いただきました。
お世話になっています。
 
ノーマル高とローダウンシートの2種類。
それぞれ、ビニールフィルムの防水処理をしての納品です。
 
ありがとうございました。
 
 
  カワサキ コンコース
 
 
 シート ローダウン加工
 
以前の作業と同じ加工のローダウン加工を依頼さいただきました。
1、5cmほど低くして、防水処理の後、ノーマル表皮を再使用して納品しました。
 
   ホンダ シャドー750
 
 
 ウレタン盛り&表皮張替え
 
購入されたときからこのような形にカスタムされていたそうです。
ウレタンが薄く、すこしの距離でもお尻が痛くなってしまうので、ウレタンを厚くして欲しいとのご依頼です。
 
元より2倍の厚さ(約4cmほど)にウレタンを積層し、表皮をパンチング柄レザーで張替えました。
 
 
 
  BMW K100RS
 
 
 表皮張替え&トランスネット装入
 
K100RS純正ローダウンシートです。
サイド角部が太腿への当り具合がきつかったので、角部を丸め、さらにローダウン加工をしてトランスネットを挿入しました。
前席はエクセーヌ、後ろ席はレザーで張り替えました。
 
ノーマル高シートはウレタンが硬軟の2層構造と聞いたことがありますが、ローシートは普通のウレタンでした。
しかし、表皮はこの深い2段シートを縫製無しの1枚張りでリベット止めでした。 
 
  カワサキ ZZR1400
 
 
 ローダウン&トランスネット装入
 表皮張替え
 
乗り始めから500km程の走行のバイクですが、シートの角部が少し引っかかるので少しのローダウンと角部を削る加工と、元のウレタンが薄いので、低くした分のクッションの底付き感を軽減するために、トランスネットを挿入のご依頼です。
前後の座面に黒/青のパンチングエクセーヌでサイド部、ベルトは黒エクセーヌで張替え、アクセントで Ninja ロゴ刺繍入と青ダブルステッチを入れました。
 
 
 
  キムコ スーパー9
 
 
 シート表皮張替
 
台湾製2stスクーター キムコ・スーパー9 のシート張替え依頼です。
脚付きを良くするため、自らローダウン加工をされていて、生地もエクセーヌを持ち込んでいただきました。
ウレタンを修正のため少し削り、防水処理をしました。
リア部に刺繍を入れて、オレンジ色のステッチで仕上げました。
 
 
  ホンダ マグナ 250
 
 
 シート表皮張替え
 
ノーマル表皮が劣化でレザーが硬化して、縫い目が裂けているので、張替えのご依頼です。
 
青色のパンチング柄レザーで張り替えました。
割れていたウレタンの先端部分の補修と防水処理も施しました。
 
  スズキ スカイウェイブ 650
 
 
 シート ローダウン加工
 
車体も大きく、ノーマルでは脚付きが悪いため、ローダウン加工のご依頼です。
このシートにはヒーターが前後に装着されていました。
 
ノーマル表皮を再使用するため、2cm弱低くして、サイド部を絞り込みました。
シート前後に防水処理、張り込みをして納品しました。
 
ローダウン加工前と加工後の脚付き具合の様子です。
 
 
  ピアジオ べスパ PX200
 
 
塗装も上がり、組みあがった車体の画像を送っていただきました。
 
渋めのトーンでシートとの配色もいい感じに仕上がっています。
 
ありがとうございました。
 
  ピアジオ べスパ PX200
 
 
 シート表皮張替え
 
車体を板金塗装されるので、同時にシートの張替を検討、ご依頼をいただきました。
ボディー色に合うように茶系のレザーに張替しました。
 
ウレタンが結構濡れていたので、水気を乾かしてから防水処理、張替となりました。
 
  BMW G650
 
 
トランスネット挿入&表皮張替え
 
純正ローダウンシートの乗り心地が悪くて改良のご依頼をいただきました。
高さは変えずにトランスネットを装入、座面の形も少し幅広になるように加工しました。
 
防水を兼ねた薄いウレタンを貼り付け、
滑り止め加工の黒レザーに張り替えました。
 
  スズキ スカイウェイブ
 
 
シート張替え&ヒーター組み込み
 
シート表皮が破れているのもあって、スベリ止めレザーでの張替えとシートヒーターの組み込みの依頼をいただきました。
破れた穴から水がだいぶ入っていたようで表皮を剥がしたら画像のようにビショビショでした。
ウレタンも3日ほど陰干しをして水気を抜いてから防水処理をした後に作業を行いました。
 

 ホンダ CB1300スーパーフォア


シート ローダウン加工

脚付きを良くしたいので、ローダウンのご依頼をいただきました。
乗車位置の指定をいただいて、その辺りを2cmほど下げ、全体に均して削っていきました。
また、サイド部も角落しで削っています。
今までは片足しか着かなかったのが、つま先ですが両足着くようになって、停車時の不安感がなくなったとご連絡をいただきました。

 BMW R1100R


シート表皮張替え

悪戯で表皮を切られてしまったようで、表皮の張替えのご依頼をいただきました。

Fシートは滑りにくい加工のされたレザーを使用、Rシートは通常のバイク用レザーで張り替えました。
ビニールフィルムでの防水処理も行なっています。

 ヤマハ MT-01


下記のシート・ローダウン加工のバイク画像を送っていただきました。
エンジン廻りのマッスル感がスゴイです。

ありがとうございました。

 ヤマハ MT-01


ローダウン加工

1,7L Vツインエンジンを搭載したビッグ・バイクのシートのアンコ抜き加工の依頼をいただきました。
車高は高くないんですが、大きなエンジンのおかげで脚を開いた上体で座ることになるので、つま先しか着かない。 かつ、この車格ですので、片足では支えきれないので、信号待ちなどで不安感があるということでした。
ポジションが前目ということでいたので、前部を3cm弱ローダウンをして、サイド部も削り落としました。
表皮は再利用しています。

 BMW F800GS


ローダウン&トランスネット装入加工

メーカー純正のローダウンシート(上の画像右)と同じくらいにウレタンを削るのと、クッションを良くする為にトランスネットの装入加工をしました。
純正ローダウンシートはタンデムにかけて段が付いていますが、この部分のスムージングもして欲しいとのご依頼です。

ノーマル表皮を再利用できるように、3cm弱削り、角部も丸く仕上げました。
トランスネットの形をぼかす為の薄いウレタンと防水処理のシートを貼って納品しました。


 
  カワサキ ニンジャ1000
 
 
オーナー様が近所に来られたついでに寄っていただきましたので、バイクの画像を取らせていただきました。
ありがとうございました。

  カワサキ ニンジャ1000


ローダウン加工

久しぶりにバイクに乗ることになり、購入されたニンジャのシートローダウン加工の御依頼をいただきました。
当方までバイクを乗ってきていただいて、削り方や削り量などの打ち合わせをして、2cm程のローダウンとサイド部の角を落とすようにしました。
ウレタンが分厚いシートではないので、おしり部分の削り量は少なめにしました。
防水処理のウレタンシールを貼って、ノーマル表皮を再張り込みして、納品です。

同年代の方でいろいろ面白い話を聞かせていただきました。

 ハーレー・ダビッドソン  ソフテイル FLSTC


シートヒーター組み込み

愛知県のオーナー様からFシートへのヒーター組み込み依頼をいただきました。
ハーレーのシートにはノーマルから結構厚いビニールシートが貼ってあるので、防水処理用に再利用させていただきました。
配線は元々開いている穴を利用しました。

シート取り付け後の画像を送っていただきました。
ありがたく使わせていただきます。

 ヤマハ FJR1300


シートヒーター組み込み

FJRオーナーズクラブで知っていただき、ヒーター組込みのご依頼をいただきました。
(書き込みんでいただいたT様、ありがとうございました)
薄いウレタンとビニールフィルムで防水処理後、ノーマル表皮を再利用しました。

 ホンダ XL1000V バラデロ


シート張替え

ホンダのデュアルパーパス車のシートの張替え依頼をいただきました。
前は破れが無いのですが、後ろはボロボロの状態でした。
前後ウレタンとも水を含んでいて、2日間陰干ししてやっと乾燥しました。
防水のビニールシートを貼ってから張替えをしました。
このシートは大型スクーターのようにウレタンは分割ですが、表皮はつながっているタイプの表皮でした。

  カワサキ コンコース


ウレタン サイド部 切削作業

カワサキの大型ツアラーバイクのシートの改造依頼をいただきました。
足付きをもう少し良くして、安心感を上げたいとの御希望で、座面を削るローダウン加工では無くシートの角部のみを削る加工をしました。
これだけで、結構、足付きが変わるものです。
シート全体のシルエットを極端に変えるのが嫌な方にはおススメです。

  ヤマハ ドラッグ・スター 400


シート張替え

シートを猫に爪を立てられたそうで、張替え修理のご依頼を受けました。

前シートはシート表皮を貼り付けているタイプでしたので、シボ柄は違いますが生地を選定して張替えいたしました。

 スズキ スカイウェイブ CK44

張替えシート取り付け後の画像を送っていただきました。
ありがとうございました。

 スズキ スカイウェイブ


シート張替え&ヒーター組み込み

横浜のオーナー様から、スカイウェイブ CK44 のシート張替えとシートヒーターの組み込みのご注文をいただきました。

事前にお問い合わせいただいて、スペアのシートを入手されてから作業に掛かりました。
イメージされているシートの張替え画像を送っていただき、かつ、シート上にテープで切り替えラインの指定をしていただきました。
シートヒーター組み込み、防水処理をして張替えをしました。
レザーは黒とパンチング柄の赤のバイク用レザーを使用しました。

ヒーターの動作確認をして、発送しました。

 ホンダ CB400 super four


ウレタン ローダウン加工

女性が乗られるということで、足付きを良くする為、ローダウン加工のご依頼です。
シート前めを座面を2cmほど下げて、サイド部を削ってなるべく脚が開かないようにしました。
防水用にビニールフィルムを貼って、納品です。
表皮はノーマルを再利用しました。

 ヤマハ FJR1300

シートヒーター組み込み&ウレタン増し加工

購入したバイクのシートがローダウン加工されていて、低すぎるので高くしたいとのご依頼。
ノーマルシートを参考に座面を1,5cmほどウレタン増しをしました。
逆にシートサイド部は少し、削りました。
同時にシートヒーターの組み込みもしました。

ありがたいことに、シートヒーター組み込みのお問い合わせをたくさんいただくようになりました。
張替えやウレタンの加工と同時作業の場合、工賃のサービスをさせていただきます。
(モチロン、逆のパターンでも)
ご検討ください。

 ヤマハ シグナス


シート張替え&ウレタン角落とし

シートサイド部が切れているのと座面表面が劣化で小さな穴が多数開いていて、ウレタンは大分、水を含んでいました。
防水処理の後、パンチング柄のレザーを使用して張り替えました。

ついでに、足付きを良くしたいということで、サイド部を削りました。
両足がベタ着きになって、いい感じになったということでした。

 ヤマハ ジョグ


長年放置していたバイクを再生してご近所用に使用するので、風化が著しいシートの張替えをご依頼いただきました。
表皮はパリパリに硬化していて、ウレタンは大量に水を含んでいました。
脱水をして2日間日陰で充分乾かしてから、防水処理のあと、グレート黒のツートンで張り替えました。

ヤマハ T-Max


シートローダウン・シートヒーター組み込み


ノーマルのシートでは足付きが悪いため、ローダウン加工のご依頼をいただきました。
表皮はノーマルを使用することを考慮し、3cmほどのカットに抑えて、角部からサイド部にかけて幅を抑えるように削りました。
オーナー様のライディングポジションも相談させていただいて、シートの中ほどが一番低くなるように加工しました。

シートヒーターを組み込み、防水処理を施してノーマル表皮を張り込みました。
このくらいのローダウンであれば、何とかノーマル表皮を再利用できます。

 ヤマハ T-Max


エンジンの修理が終わったとのことで、バイクの画像を送っていただきました。
ありがたく、使わせていただきます。

 ヤマハ T-Max


シート張替え・シートヒーター組み込み

以前、張替えをした座部分の生地がやれてきたので張替えの依頼をいただきました。
オーナー様がデザインを考えてきていただき、シート生地も持ってきていただきました。
前後の座部分のラインを通して欲しいとのお願いでした。
ウレタンが結構、水を含んでいたので一昼夜乾燥させてから加工をいたしました。

ヒーターの動作確認をして、納品です。

 ドカティ 600SL


シート張替え&トランスネット組み込み

シート表皮の角部が擦り切れていましたので張替え
のご依頼をいただきました。
長時間乗っていると、お尻が痛くなってくるとのことでしたので、トランスネットを組み込み、防水処理も施しました。
あまり分厚くなるとカッコ悪くなるので、トランスネットは5mmにして厚みをできるだけ抑えました。
 

 ホンダ リード


シート表皮が硬化&割れていました。
長期間乗っていなかったそうで、外に置いてあったそうです。
再び、乗ることになったので張替え修理依頼をいただきました。
幸い、ウレタンはまだまだ柔軟性がありましたので、
少しの手直しをしてから、パンチング柄のレザーで張り替えました。

 

 ジレラ ランナー 


今でも人気が高い2stランナーのシート張替え
パンチング柄の赤レザーとカーボン柄の黒レザーで張り替えました。
足付きを良くするために、シートサイド部の角を削り落としました。

 

ホンダ フォルツァ MF08


このシートはフロントシートの横の溶着部分が大概切れています。
オーナー様は接着剤で修理をしていたのですが、再度口が開いてきそうなので張替えのご依頼をいただきました。

ビニールフィルムでの防水対策をしてからパンチング柄のレザーで張り替えました。

スズキ スカイウェイブ


シートヒーター組み込み

広島県のオーナー様から3脚分、同時にヒーター組み込み加工のご依頼をいただきました。
3脚ともに防水処理を施しています。

このシートは前後一体型で金属のフレームも内蔵されていて、結構重量のあるシートでした。

スズキ アドレス


シートヒーター組み込み

グレード(or オプション)により、ヒーターつきのシートがある車種です。
以前、張替えをしたことがあり、その時にいつも使用している赤外線温度センサーでチェックしましたが、暖かさは同じくらいの温度でした。

ホンダ ジャイロX


シートヒーター組み込み

このあたりのシートの大きさがヒーター組み込みの限界の大きさかなと思います。
同じくらいの大きさのモンキーのシートもギリギリ可能かとも思います。

シート裏の穴加工は無しで、ノーマルの穴から
配線を出すようにしました。

 

ヤマハ  グランド・マジェスティ


シートヒーター組み込み

東京のオーナー様からのご依頼です。
ヒーターを組み込み、薄いウレタンと防水の為のビニールシートを貼り込む処理をいたしました。
表面温度の確認して、発送いたしました。

装着後の画像を拝借させていただきました。

ハーレー・ダビッドソン
     スポーツスター 



シートヒーター組み込み

長野県のオーナー様からのご依頼で、
シートヒーターの組み込み作業を行いました。
組み上げてからの動作テストで、表面温度
35℃の確認ができました。
座ってみましたが、充分な暖かさを感じました。
防水処理はノーマルのビニールシートを使用しました。

ドカティ モンスター



2cm程のローダウン加工をして、黒エクセーヌと赤色パンチング柄レザーで張り替えました。

アプリリア エリア51



この車両定番のシート表皮の裂け。
ビニール表皮とウレタンとを一体成形した製品に多い、経年劣化によるものです。
この表皮をキレイにめくるのが大変です。
一気にいかず、徐々にめくっていかなければいけないので、時間が掛かります。
めくったついでに、足つきが良くなる様にとウレタンの前部を削りました。
防水にビニールフィルムを貼って、黒レザーと赤のカーボン柄レザーで張り替えました。

ホンダ フォルツァMF08



足つきを良くする為、3cm程のローダウンと角部を丸めました。
背もたれの高さも合わせて低くしました。
エクセーヌ生地とレザーのコンビで張り替えました。

ドカティ 900ss SL



加速やブレーキング時にシートが滑ってポジションが安定しないということで、パンチング柄のレザーで張替え。
クッションの形もポジションに合っていないようでしたので、少し削ってフラットにしました。

トライアンフ T595デイトナ



まずは、ノーマルシートでは足つきが悪く、グラスファイバーで製作したシートベースに10mmと5mmのショック吸収ウレタンを貼って作ったのですが、少し固めのウレタンだったので、長距離を乗るとお尻が痛くなるということで、トランスネットという低反発ウレタン素材を使って再製作しました。
雨対策の薄いウレタンを貼り、パンチング柄のレザーで張り替えました。

 

ハーレーダビッドソン 
  スポーツスター883L



リアタンデムシートの高さの改造
約2cmほど低くしました。
ウレタンの底部も補強しています。
シート表皮は加工無しで、張り具合を調整しました。

ホンダ フォルツァMF06



経年劣化による破れとイタズラで切られた為、
張替えの依頼です。
破れた場所のウレタンも劣化していたので、少し削って成形。
パンチング柄のレザーを使って張替えました。
最近はスクーターにも着座センサーが付いているんですね。

 

 ビューエルXB12



足つきを良くする為に少しのローダウンとサイド角部を削る加工をしました。
オーナーとポジションの検討をしながらの作業しました。
表皮はノーマルを使用しました。

 

 モトグッチ V40 カプリ
     シングル・シート



ツーリングで100kmほど乗っていると、おしりが痛くなってきて、腿の付け根辺りも違和感を感じていました。
角部をまるめて、クッション補充にトランスネットという低反発ウレタンを貼り付けてみました。
トランスネットも5mm厚を使用していますので、ノーマルシートとの差もあまり感じません。
表皮はエクセーヌを使ってみました。

先日、ツーリングテストをしてきましたが、300km弱の距離を走ってもおしりの痛みはほとんどありませんでした。
ただ、腿の付け根の違和感は若干残っています。
あと、エクセーヌ生地はすべりが無くなるのが良し悪しありという感じでした。